ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 3891
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

初めまして、よろしくお願いいたします。 11歳のオスのチワワです。 現在の体重が5.6kgと肥満です。

ユーザー評価:

初めまして、よろしくお願いいたします。
11歳のオスのチワワです。
現在の体重が5.6kgと肥満です。
食事を鶏胸肉のゆでたものを朝15g、夜30g、そのほかにキャベツ、ニンジンのゆでたたものをそれぞれ5g前後を加えて与えています。
①昨年7月にフィラリアの血液検査の際、アイデックス検診セットという血液検査を同時に受けました。②8/11にその検査結果の説明があり、IDEXX SDMA(腎機能マーカー) 17H (通常は0-14)という事で腎臓が将来悪くなると診断され、フォルテコールという血管拡張剤を処方されました。
その時の血液検査の数値は
クレアチニン(CRE) 1.2
血中尿素窒素(BUN) 47
ALT-GPT 73
AST-GOT 22
ALP 351
GGT ガンマGTP 16.2
T-Cho 358
TG 165
でした。
また、前述の食事ではなく、腎臓サポートのドッグフードを勧められ「ロイヤルカナン腎臓サポート」を1回20g、鶏むね肉1回10gにキャベツ、ニンジンを同量加えたものを1日2回与えることにしました。
しかし1か月と少しで体重が1kg以上増えたので、10/9のs受信後、元の食事に戻しました。※前後しますが7/25と8/15に前足の指の間が炎症を起こたので、経口の抗生剤とステロイド剤をそれぞれ14日間づつ投薬しました。
同じく12/30に睾丸の袋の炎症があり、抗生剤を7日間経口投与しました。③10/9に9/8の血液検査での肝臓の数値がかなり悪化したと伝えられました。
フォルテコールに加えプロフェパフォスSという肝臓のサプリを処方され、それぞれ現在まで続けています。
その時(9/8検査)の血液検査の数値は
クレアチニン(CRE) 1.3
血中尿素窒素(BUN) 40
ALT-GPT 99
AST-GOT 検査なし
ALP 1489
GGT ガンマGTP 29.3
T-Cho 424
TG 検査なし
でした。その後投薬と血液検査を続けています・
④11/10
クレアチニン(CRE) 1.12
血中尿素窒素(BUN) 40
ALT-GPT 119
AST-GOT 21
ALP 3145
GGT ガンマGTP 24
T-Cho 450以上
TG 500以上⑤12/10
クレアチニン(CRE) 11.5
血中尿素窒素(BUN) 46.3
ALT-GPT 121
AST-GOT 24
ALP 1510
GGT ガンマGTP 20
T-Cho 438
TG 412⑥1/10
クレアチニン(CRE) 1.23
血中尿素窒素(BUN) 50.3
ALT-GPT 292
AST-GOT 33
ALP 7000以上
GGT ガンマGTP 106
T-Cho 450
TG 326
この時に超音波断層診断をしましたが、肝臓はきれいとの事で、先生も数値の悪化の原因は不明との事です。◎直近の肝臓の数値がかなり悪化しているので心配です。
投薬が腎臓の薬のフォルテコールと肝臓のサプリ、プロフェパフォスSだけなのですが、肝臓薬は投与せずともいいのでしょうか?
また、ALPの数値は肝臓だけではなく胆道系の疾患でも上昇するそうですが、その場合はどのような検査をして発見しますか?
しているので心配です。
フォルテコールが肝臓に悪影響を及ぼしている可能性は無いでしょうか?
他に何か改善に向けてのアドバイスがいただければありがたいです。
JA: 了解しました。質問者様のわんちゃんですが、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer: 大きな病気はありません。
JA: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 初めての利用なので特に思いつきません。よろしくお願いいたします。

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

質問者: 返答済み 10 日 前.
25215;知しました。よろしくお願いいたします。

順番にお答えしますが、まず肝臓の検査の意味としては下記です。

  • 誘導酵素(ALP、Y-GTP)  肝疾患存在を示唆することがある。
  • 肝障害の指標(ALT、AST)    肝臓が現在どれくらい障害を受けているか評価する。
  • 肝機能検査(総胆汁酸、アンモニア)  現在の肝臓機能を評価する。
  • その他の指標(総蛋白、アルブミン、ビリルビン、凝固系検査)  肝臓に特異的な指標ではないが、異常値が みられた場合には肝疾患の存在を考慮する。

上記より一つはアンモニアやTbilの測定をお勧めします。

そして、フォルテコールだけで肝臓の数値がここまで上がることはありませんので、他の原因の可能性が高そうです。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12450;ンモニアやTbilの測定で何が判断できますか?また、フォルテコールの影響がないとすれば、急な肝臓の数値ALPなどの悪化はよくあることなのでしょうか?
また7月と9月に抗生剤とステロイド剤をそれぞれ14日間づつ投与しました。また12/30から7日間抗生剤を投与しました。これは影響あるのでしょうか?
質問者: 返答済み 10 日 前.
12377;みません。この質問とご回答は明日に持ち越しできますか?この後私用があり、デスクに戻れないので。申し訳ございません。

持ち越しできますよ。

回答しておきますので、後ほどご確認ください。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございます。宜しくお願い致します。

アンモニアや総胆汁酸(Tbil)でゃ胆管炎や、胆嚢炎、肝機能が測定できます。

ステロイドは確かに肝臓で分解されますので、負担はかかりますが、14日間程度では大きな副作用は認められませんし、認められても一過性です。

これは抗生剤も同様です。

っこまでALPが上がるのは投薬によるものではなく、肝臓の病気が隠れている可能性が高いため、肝臓に密接な胆嚢の値や、肝臓の中にある胆管の炎症を確認するためにもアンモニアやTbillの測定が重要です。

質問者: 返答済み 9 日 前.
19969;寧なご回答ありがとうございます。
早速、ワンちゃんの先生に「アンモニア」「Tbill」の検査をしていただけるようにお話してみます。また、重ねてお伺いさせていただきます。①ALPの値が
9/8→1489
11/10→3145
12/10→1510
1/10→7000以上
と1か月単位での上下差が大きいのですが、何か要因があるのでしょうか?こういうものなのでしょうか?②一般論としてお伺いします。直近の検査ではALPが7000以上となっていますが、プロフェパフォスSの投薬だけでも良いのでしょうか?緊急を要するという事は無いでしょうか?(次回の診察予定が2/9です。)③この様な状況の場合、飼い主として気を付けることはありますか?
Ann先生でしたら、今後ワンちゃんと飼い主にどのような指示やアドバイスをされますか?差し支えなければお聞かせいただければ幸いです。色々お聞きしてすみません。
お手すきの時で結構なので、ご回答お待ちしております。

1、ALPは他の肝臓の値と比べても非常に変動が大きいですし、サプリや薬でも非常に上がりやすい酵素です。

ですので、この程度の変動は許容範囲内だと思われます。

2、急を要する状況ではないですが、肝臓の薬としてはウルソをお勧めします。

[ウルソジェネリック]ウリシーズ(Ulyses)300mg

https://oneclck.net/contents/ard.php?id=UP016382&adwares=up010942

3、まだアンモニア等の検査をして診断されていないので、診断されて、まずは基本的な上記の肝臓の薬をスタートして、食事は今の腎臓用で大丈夫です。

指示やアドバイスではないですが、今後の治療の流れとして、血液検査で足りないところをして、それでもわからない場合は、肝生検をして、病理診断をお勧めします。

Dr Annをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
19969;寧なご回答ありがとうございます。
今日明日のことになるかなと心配でしたが、少し安心いたしました。
早速ワンちゃんの先生に相談をして検査と治療を進めていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。

何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記より文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

犬 についての関連する質問