ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2939
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

こんにちわ後ろの左足がびっこをひいて歩くようになり、地元の動物病院で血液検査をしたところ高脂血症といわれ、薬を二つもらい

ユーザー評価:

こんにちわ後ろの左足がびっこをひいて歩くようになり、地元の動物病院で血液検査をしたところ高脂血症といわれ、薬を二つもらいましたが、一つが漢方薬の為ご飯に入れてもわかり、食べてくれません。シリンジでやってはみたものの、色がついている薬で、すごく口が汚れるから拭くためにティッシュとかを大分使うし、時間がかかりすぎて朝早く起きて仕事しているため、約半年かかると言われた薬の投薬に、これ以上早く起きてあげる自信がありません。まだ5歳と2歳のチビが2人いて、余計に朝はバタバタしてる為なかなかシリンジでは難しいと思い、ゼリーと混ぜるとか色々試してはいるんですがなかなかうまくいきません。カプセルとかも考えてるんですが、例えばロイヤルカナンの低脂肪の缶詰とドックフード混ぜてその中に入れてあげるようなやりかたはやはりダメでしょうか?動物病院の先生には、缶詰はダメだと言われました。であれば何か他の提案が欲しいんですが、提案してくれなく、そーいう風にさせたのは今までの甘やしたためにそうなったんだから頑張るしかないと言われ…これ以上質問しても意味がないと思いすがる思いでチャットさせていただきました。
JA: 了解しました。質問者様のペットの年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer: ロングコートチワワ13歳、メス、3月10日で14歳になります。特に持病はありません。
JA: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ペットもシリンジだと、すごくストレスのようなので、お互いにストレスがないやり方を探っています。

ご質問ありがとうございます。

>例えばロイヤルカナンの低脂肪の缶詰とドックフード混ぜてその中に入れてあげるようなやりかたはやはりダメでしょうか?動物病院の先生には、缶詰はダメだと言われました。

この方法で簡単に食べてくれるのであれば、全く問題ありませんよ。

缶詰を頑なに否定する明確な根拠はありませんし、その獣医師の個人的な考えだけです。

ちなみに薬の名称はわかりますか?

できれば血液検査結果の詳細を正常値も含めてすべて教えていただけますか?

返信欄のクリップのアイコンから写真の添付が可能です。

お電話での対応も可能です。

質問者: 返答済み 11 日 前.
38651;話が可能であれば電話でお願いしたいです。

それでは電話のリクエストを行ってください。

質問者: 返答済み 11 日 前.
38651;話だとまたお金かかるんですね。であればチャットでいいです!

電話サービスは追加のものとなります。

薬の名称はわかりますか?

できれば血液検査結果の詳細を正常値も含めてすべて教えていただけますか?

返信欄のクリップのアイコンから写真の添付が可能です。

他に投薬を補助するものとして、グリニーズのピルポケットやロイヤルカナンのピルアシストなど、錠剤などを柔らかいおやつに入れるものなどもあります。

お話を少し聞く限りでは、決して対応が誠実な動物病院ではないため、他院に転院されることも検討されても良いと思いますよ。

atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
38450;風通聖散と疎経血湯、HDLC 150オーバー、TG130⇄332と書いてあります
質問者: 返答済み 11 日 前.
32048;かい用紙は今見当たらないです。すみません
質問者: 返答済み 11 日 前.
34892;った時はすごく感じよくいろんな話をしてくれたんですが、おじいちゃん先生なので、ちょっと考え方が固執してるとこもあるのかもしれません。ちなみにに粉薬です
質問者: 返答済み 11 日 前.
12371;のチャットはもう終了しましたか?
質問者: 返答済み 11 日 前.
36820;答がないようなので失礼します

常に画面上にいるわけではないので、返信いただいた分には回答いたします。

>防風通聖散と疎経血湯

どちらも効果は期待できるものではないため、投薬を上手く行えても改善の見込みは高くないです。

他にこのように高脂血症となる原因として、甲状腺機能低下症などホルモンの疾患の可能性もあるため、できればより詳細なホルモンの血液検査を行うなど、少なくとも現状の治療方針のままも根本的な解決とはならず、また診断も行えていない状態です。

特に「後ろの左足がびっこをひいて歩くようになり、地元の動物病院で血液検査をしたところ高脂血症といわれ」

これらの症状は関連しているとすれば、上記で触れたような甲状腺ホルモンのトラブルで筋力が低下している場合などに限り、その場合は漢方ではなく、甲状腺ホルモンを補充しなければ改善はありません。

また、高脂血症と後肢の跛行は関係していない場合も十分に考えられ、その場合は純粋に関節炎の治療として痛み止めなどを投与する必要があります。

一度診断の段階から他院でやり直すことを強くお勧めします。

犬 についての関連する質問