ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 3187
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

深夜にすいません。 パピヨン 12才 メス 既往歴 1歳の頃に右足骨折 です。

ユーザー評価:

深夜にすいません。
JA: 了解しました。質問者様のペットの年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer: パピヨン 12才 メス 既往歴 1歳の頃に右足骨折 です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 今回は定期的に通っている動物病院に肛門腺しぼりをしてもらうために預けた時に、処置中にうちの犬が滑ったらしく、右肩を脱臼しました。
質問者: 返答済み 13 日 前.
11/13(金曜日)に怪我をしました。
11/16(月曜日)に脱臼していることが判明し、院長先生から受けた治療方法としては、外科手術による治療(しかし、その病院では対応できないとのこと)と、外れた右肩の関節はそのままにして温存療法(痛み止めとサプリを頂いてます)と言われました。外科手術の場合、うちの子が高齢の為、手術に耐えられるかが心配と言われました。
命がけになるのなら・・・と、温存療法いしました。ただ、気になるのが、温存療法を選ぶにしても、外れている右肩をそのままにしておくという治療方法は【あり】なのでしょうか???素人考えですが、元の位置に戻さないの???と思ってしまします。また、こういった場合(病院に預けてる最中に生じた怪我の治療)、その病院(A病院とします)で外科手術ができないと言われたので別の病院(B病院とします)で手術を受けたとしたら、手術・入院等の費用をA病院に請け負ってもらうことは、一般的にありえますか?(病院ごとで判断は異なるとは思いますが、参考までにお聞かせいただけると嬉しいです)

心中お察しします。 ご質問ありがとうございます。 回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。 後ほど回答しますので少々お待ちください。 なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください

まず病院の過失で脱臼させてしまった場合は、金額は全て払っていただくのが普通です。

私の病院にもよくセカンドオピニオンできますし、病院や、トリマーが金額を払うことがあります。

また肩関節の脱臼の場合は、ベルポースリングという包帯での内科療法があります。

脱臼の仕方によってはもしかしたらこの巻物で治るかもしれません。

ベルポースリングは、手首(手根)、肘、肩の関節を屈曲させて保持し、動物が前肢に体重をかけないようにする方法です。 ベルポースリングの使用は、手足を静止させておくことができる場合に治癒する肩甲骨や上腕骨の骨折が軽度の場合、または肩の脱臼の減少など、長期間の固定が必要な場合に限られます。

しかし私は整形外科専門としていいますが、あまりこの方法はお勧めしません。

合併症が多いからです。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12362;はようございます。
気になりすぎて眠れなかった為、とんでもない時間に書き込みをしてしまったのに、お返事、ありがとうございます。まず、怪我をした日等が1週ずれてしまってました。
11/6(金曜日)→怪我をする  右足をつけて歩けず、終始右足を上げた状態。痛み止めを頂き、数日様子をみることになった。犬の横側からのレントゲンしか撮らなかった為、この時点では脱臼は発見できなかった。病院から謝罪あり。
11/9(月曜日)→まったく善処しないので院長先生に再診してもらった。両肩が映るよう正面からのレントゲンを撮って脱臼が判明した。そして治療方法の説明と改めて謝罪あり。です。
ベルポースリングは初めて聞きました。
現在うちの犬はそういったものも特に何もしておらず、金曜日に脱臼したそのままの状態です。
院長先生も確かに「このままの状態を保持したまま、痛み止めとサプリで数か月間、周りの組織が固まるのをまつやり方です」
とおっしゃっていました。(素人な為、多少の文言の違いはご容赦ください)犬の脱臼治療など、全く無知なため、その時は「犬の場合はそれしかないのか…」と思ってしまったのですが、家に戻って数日、冷静に考えたり自分なりに調べてみたりすると「え???おかしくないか???」と思うことが増えてきて、
「別の病院に診てもらった方がいいのでは・・・???」と思った次第です。ただ、その場合、治療費はうちがもつのか???と、別の心配も出てきて。この点は事故をおこしたA病院に直談判しても非常識ではないようで少し気が楽になりました。ともあれ、脱臼した個所をそのまま(特に包帯で固定などもせず)にするという対処は正しいとは言い難いという理解で合ってますか?それから、12歳のパピヨン(メス)の右肩脱臼(内側に外れてしまってる)の外科手術は命がけの手術になると思われますか?(100%安全な手術はないということは理解しています)お時間がある時で結構ですので、ご意見を頂けるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

我々も事故を起こすことはまたくないかと言われれば、そうではりません。

しかし、そう言った場合は費用は全て払いますし、実際当院にも、美容で落として骨折や脱臼であっても、そこのトリミングの会社が払っています。

脱臼した箇所をそのままなんて、人で考えてみてください。とんでもないです。

手術をしないのであれば、せめて、ベルポースリングという肩関節内包脱臼にのみ有用ではありますが、包帯をするなどの方法はするべきです。私は手術の方が確実なのでやりませんが。

試しに「犬 ベルポースリング」で検索してみてください。いっぱい画像が出てくると思います。

手術に関してのリスクですが、12歳は若くありません。

しかし、年齢が麻酔リスクにはなりません。この手術がどれだけその子に必要かで決まります。

つまり18歳でも手術することはよくあります。もちろん血液検査や胸のレントゲンで麻酔リスクは判断しますが、通常問題なければ0.01%と言われております。

今回は例えばお腹の中の腫瘍を取るなどの手術ではありませんので(大出血がない)、手術による亡くなる可能性は低いです、というかありません。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12392;ても具体的なお話を聞けて自分の中のモヤモヤは間違っていないと強く思えるようになりました。
事故発生から1週間が経ってしまってますし、早急に別の病院(かなり遠いのですが1歳の頃に骨折の手術をしてくれた病院)にセカンドオピニオンで相談してみようと思います。A病院からは、脱臼の手術は靱帯再建なども含み、大学病院レベルじゃないとできないとか、「なんか、とんでもない話になったなぁ」と思うことばかり言われて気弱になってました。飼い主として大切な家族を再び元気にお散歩できるように、しっかりしなきゃですね。
背中を押して頂けて感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!!

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記よりご質問いただきますと、今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

最後に、質問終了の為、右上の星マークの所から評価が可能ですので、飼い主様へのサービス向上のために、お手数ですが宜しく御願い致します。

次回またご質問がございましたら、下記よりご質問いただきますと、今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

最後に、質問終了の為、右上の星マークの所から評価が可能ですので、飼い主様へのサービス向上のために、お手数ですが宜しく御願い致します。

Dr Annをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問