ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2897
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

飼い猫が股関節脱臼してしまいました 手術はどんなことするんでしょうか

ユーザー評価:

飼い猫が股関節脱臼してしまいました
手術はどんなことするんでしょうか

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

人工靭帯で脱臼を整復、創外固定・ピンによる股関節の固定、大腿骨頭切除術などがよく行われる手術です。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12371;れらのうちのどれかを施術するということでしょうか

そうです。

組み合わせるものではありませんので、獣医の技術や器具を持っているかどうか、費用で選ぶ形です。

Dr Annをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
36027;用はだいたいどれくらいでしょうか

上記にはないですが人工関節80-100万円

人工靱帯 50万

創外固定・ピン 30万

大腿骨頭切除 20万

ただし、人と同じですが金額がかかる手術の方が猫にとって負担が少なく、機能も以前に近いレベルで戻ります。

金額が安い大腿骨頭切除は猫にとって負担が大きく、歩けるようにはなりますが、リハビリは1−2年、足の機能も以前の60−80%程度です。

つまり破行が残るということです。

今電話をかけているのですが、つながりません。

携帯が見れるようになればご連絡ください。

電話をかけます。

質問者: 返答済み 16 日 前.
20170;見れてます

何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

お大事になさってください。

次回またご質問がございましたら、その際はぜひ私を指名していただければ幸いです。

下記より、ご質問いただきますと、私が対応させていただきます。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

この度はご質問いただきありがとうございました。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございました
大変参考になりました
またよろしくお願いします

犬 についての関連する質問