ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 8106
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

食欲減少、多飲多尿、元気がなく, ヨークシャテリア12歳です,

ユーザー評価:

食欲減少、多飲多尿、元気がなく
JA: 了解しました。質問者様のペットの年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer: ヨークシャテリア12歳です
JA: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 3歳の時、脊椎空洞症、キアリ奇形からの脳炎をしました。それからずっと内服薬でコントロールして元気に過ごしてきました。長期服用で肝臓腎臓とも数値があまり良くありません。最近、食欲低下、多飲多尿で元気もなく病院はかかりました。レントゲン、血液検査、エコーなど結果炎症反応3マンを超えていて、膵臓の数値が700を超えていました。子宮蓄膿症かと思う節もあるのですが、エコーでそこまでの所見がなく、しかし最近オシッコをするとピンク色の粘ったおりものが落ちてます。それも持参して受診しました。細菌の確認も出来たのですが保留になりました。膵炎だからですか?

初めまして、質問ありがとうございます。

膵炎では尿はピンクにならないので

膀胱炎や腎盂腎炎、子宮内膜炎が疑われます

炎症マーカーも高いなら、疑わしいでしょう>膀胱炎や腎盂腎炎、子宮内膜炎

超音波ではっきりしなくても

質問者: 返答済み 13 日 前.
33205;炎の単体で血液検査で
リパーゼが751でした。
子宮蓄膿症から来る膵炎でしょうか?
質問者: 返答済み 13 日 前.
12362;りものはオシッコの時だけにおたてる感じで垂れ流しな感じはありません
質問者: 返答済み 13 日 前.
23376;宮蓄膿症でも麻酔リスクが高いので保留にされたのか、以前7歳の時歯石除去の手術で血圧低下を起こし中断になりました
質問者: 返答済み 13 日 前.
33205;炎も心配ですがもし子宮蓄膿症で破裂したらと心配で
質問者: 返答済み 13 日 前.
33205;炎の方は入院も勧められましたが
目も白内障で見えず
ストレスに弱いので
グッタリでもないので
今日と金曜日に点滴とステロイドの注射で経過を見て
判断するとなりました
質問者: 返答済み 13 日 前.
20307;重が1.7キロから1.3キロと痩せてしまい
質問者: 返答済み 13 日 前.
34220;を飲む程度で何も口にできないですが
これも膵炎からなのか子宮蓄膿症からなのか心配です

膵炎マーカーのC-PLIや炎症マーカーのCRPを測定してもらいましょう

測定している項目でCRPが出ないのが、よくないですね

質問者: 返答済み 12 日 前.
CRPは7.00でした
白血球が28800
BUNが102.2
CRE1.4です
膵炎マーカーcplが751でした。
下痢や嘔吐はありません
食欲が全くなく
多飲多尿
オシッコの時に
薄ピンクなおりものがシートに着きます
トイレと寝床を歩くくらいで全く元気がありませんかかりつけの先生は
膵炎重視で
子宮蓄膿症の事は全く
話に触れてきませんでした。まぁ少し様子を見ましょうと言ってましたが
様子を見てていいものですか?

あまり様子をみない方が良いと私は思います

まずは点滴や抗生剤を与えて、膵炎と子宮内膜炎の両方を

治療した方が良いでしょう

質問者: 返答済み 12 日 前.
12418;う一つお聞きしたいのですが
一度手術で血圧低下して心臓が止まりそうになった前歴があった場合
また同じ事になる事があるのですか⁇

なる可能性はありますね

そういう子には硬膜外麻酔をかけると、

麻酔深度を下げて、負担を減らせるでしょう。

質問者: 返答済み 11 日 前.
33394;々とありがとうございます。
今日も病院へ行きましたが
皮下輸液剤と抗炎剤と制吐剤の注射で帰宅しました。
何も食べれずどんどん弱っていくようで
この治療はなんの治療でしょうか⁇
質問者: 返答済み 11 日 前.
20309;度も質問をして
本当に申し訳ありません。

私が診察しているわけではないので、方針に関しては何とも言えませんが

疑問があるなら、セカンドオピニオンを受けましょう。

wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問