JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Kaiに今すぐ質問する
Dr Kai
Dr Kai, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1247
経験:  小動物臨床獣医師20年目
108311300
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Dr Kaiがオンラインで質問受付中

フレンチブルドッグの雄11歳と3か月です。1か月前

ユーザー評価:

フレンチブルドッグの雄11歳と3か月です。1か月前 急に癲癇になりました。抗てんかん薬を服用しておりますが、鍼灸や漢方で軽減させてやりたいと思います。杉並区荻窪付近で 東洋医学で犬の癲癇の治療をしてくださる病院はありませんでしょうか?また 東洋医学でも即効性はあると思うのですが いかがでしょうか?
JA: 了解しました。質問者様のわんちゃんですが、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer: 特にありません。
JA: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: タクシーで通える範囲のところで ペット保険が適用できる病院を教えていただけると ありがたいです。

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12362;待ちしております。

今論文を調べてみましたが漢方の治療での癇癪の報告はありません。

飼い主様のおっしゃられる様に効果はあるかもしれません。

しかし、まだ研究が十分でない治療法を飼い主様のワンちゃんで実験するわけにもいきません。

今の飲み薬ではうまくコントロールできていないということでしょうか?

抗てんかん薬ですとホリゾン、ジアゼパム、イーケプラや他にもアセプロマジンといった薬もあります。

ご指摘の漢方による治療というのは、ほとんど研究されておりません。針治療などもそうです。

今の医学は研究により証明されたものを医療で使うという体勢ですので、今の段階ではワンちゃんのその様な治療は確立されていないのが現状です。

また東洋医学のほとんどが生き物自身の免疫力を上げるというものです。

この実験、研究、臨床という流れが西洋医学に対して、薬を使わない東洋医学には証明する必要がありませんので、そう言った違いから研究があまりされていないのだと思われます。

もしかしたら今後研究が盛んになるかもしれません。

Dr Kaiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
22238;答していただいた内容に不満はありません。昨日 既にジャストアンサーさんから退会し解約手続き完了しておりますので 返信しませんでした。でも ご回答の内容に対してはありがたく拝承いたしました。ありがとうございました。

犬 についての関連する質問