JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kentakotaに今すぐ質問する
kentakota
kentakota, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 82
経験:  日本の動物病院、およびアメリカの大学での臨床経験があります
108243190
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
kentakotaがオンラインで質問受付中

ご返信ありがとうございます。 先程夜間緊急で尿、血液と心拍数および血圧の測定を行いました。

ユーザー評価:

ご返信ありがとうございます。
先程夜間緊急で尿、血液と心拍数および血圧の測定を行いました。
高カルシウム血症、高血圧、頻脈でした(病院に対する緊張もありますが)
その他の数値に関しては特筆事項はありませんでした。
尿の色が薄いのが一番心配です。
明日精密検査で結果にしばらく時間がかかるそうです。

おはようございます。血液のカルシウムが高いと、吐き気や嘔吐をお請いますし、尿量が多くなるので尿の色が薄くなります。

一般血液検査でカルシウム以外の項目が正常なので、今回の症状の原因には、血液のカルシウムを調節するホルモン(副甲状腺)異常がまず考えられます。精密検査はアロ君にとってしんどいでしょうが、頑張ってほしいです。

お大事にしてください。

質問者: 返答済み 12 日 前.
ご返信ありがとうございます。
詳しく説明して頂き。少し気持ちに余裕ができました。
また相談させて頂くかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。
どうぞお大事にしてください
kentakotaをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
お世話になっております。
先程アロのお見舞いに行き本日の検査結果を聞いてきました。
血中カルシウム濃度は点滴をした状態で昨日よりほんの少し下がったそうです。
その他の項目は昨日に続き異常数値はほぼありませんでした。
レントゲンの結果から腫瘍の可能性は低いとのことです。

アロのご飯についてですが、1ヶ月ほど前からモグワンというものに変えました。
先程調べたところ腎臓の弱い犬には適さないような文言をみつけました。
これらについて何かあれば専門家の意見を頂戴したいです。

こんばんは。アロ君の数値が少し下がってきたとのこと、よかったです。

 

モグワンと腎臓の話ですが、チキンとサーモンベースのフードでタンパクを豊富に含み、腎臓に負担がかかるため、腎臓に問題がある子には向かないです。

ドッグフードの選択は、できれば1種類に固定せず、市販品だけでなく手作りの物(ゆでた肉野菜など)も含めてバリエーションを与えた方が安心です。

食欲が旺盛な子は何をあげても食べますが、偏らないように気を付けてください。

私のフレンチブルの1頭もフードの偏食があるので、サツマイモやササミ、煮干し、砂肝などを茹でたものを日替わりで追加しています。

 

アロ君が早く元気になるよう願っています。

お大事にしてください。

 

 

 

質問者: 返答済み 11 日 前.
ご返信ありがとうございます。

ご飯の件とても参考になりました。家族内にもこの件は伝え今後充分調べたのち食事も変えていきたいと思います。

1つ最後に聞きたいことがあります。
精密検査の結果が出ないことにはなんとも言えない部分が多いとおもいますが
アロは寿命を全うできるでしょうか。

このような状態になった場合は最悪の結果も考慮すべきでしょうか。
推測される病状全てとそれにつての結末を差し支えなければ知りたいです。

今後の検査によるのですが、今回の症状を起こしたのはカルシウムが高いことだけと仮定した場合、やはり副甲状腺機能の異常が最も疑われます。

 

ここからは、つらい話になりますが、正直に考察させていただきます。

悪いシナリオとしては、副甲状腺の正常化が難しい場合(器質的に異常ある場合)、手術による副甲状腺摘出あるいは副甲状腺の機能を低下させる薬剤による対処治療が考えられ、手術以外で根治は難しいです。治療を行わなければ、心臓に負担がかかり、ひどくなると心不全状態になる可能性があります。最悪の結果が起きてしまうかはアロ君の生命力次第です

 

もし副甲状腺の炎症など一過性の原因であれば、カルシウム濃度を下げるような対処療法で時間を稼ぎ、回復を待ちます。また、今後の検査で他の原因である(ビタミンD中毒など)と明らかになれば、全く別の話になります。その場合、今行っている点滴でカルシウムが下がってくるようなら、回復する可能性はあります。

 

いずれにしても、今行っている検査や点滴への反応がカギとなります。

まだ2歳で若い子なので、私も長生きしてほしいと願っています。

お大事にしてください。

 

質問者: 返答済み 11 日 前.
ご丁寧にありがとうございます。
どんな結果であろうとしっかりと受け止め向き合っていきたいと思います。
アロの元気に家を駆け回る姿を見れるよう、嫌と言うほど幸せに過ごしてもらえるよう飼い主として勤めていきたいとおもいます。

頑張ってください。愛情はアロ君に必ず伝わります。

質問者: 返答済み 10 日 前.
夜分遅くに失礼します。
度々のごれんらくでもうしわけないのですが
仕事の都合で返信時間がまばらになってしまいます。
昨日28日土曜にお見舞いと経過を聞きに行った際に検査結果の写真を頂きました。
こちらからさらに読み取れるものはございますか?

おはようございます。検査値で白血球・リンパ球とCRP(炎症や感染で上昇するタンパク)が高いことから、何かの感染か炎症を疑います。そして、カルシウムが高めであったことも踏まえて、甲状腺・副甲状腺周囲に何か炎症があるのではと疑います。数字からはこの程度のことしか分かりませんが、これら数値が落ち着いてきたら症状は改善するはずです。お大事にしてください。

質問者: 返答済み 9 日 前.
毎度返信が遅くなる事、夜遅くの返信で申し訳ございません。
 
感染が炎症の場合、一過性のものでしょうか。

1、2ヶ月ほど前にお腹周りが部分的に赤く腫れ、日焼けの後のように皮が剥けることがありました(病院で処方された薬でそれは治りました)
アロ自身が痛がったり、痒そうにしてる感じはありませんでした。

こんばんは。アロ君の場合、これまで伺った経緯(腫瘍は否定されたなど)と数字だけ見ると感染か炎症を疑うのが論理的です。1,2か月前の皮膚炎と今回の症状は直接的な関係はないと思われます。

 

炎症には急性と慢性があり、急性ならばもちろん一過性です。これまでの情報では、何が今回の原因になったか、いつから病態が始まったかが分からないので、急性なのか慢性なのか判断ができません。

 

質問者: 返答済み 9 日 前.
ご返信ありがとうございます。
尿の色が薄くなったのは病院へ行った当日からです。(主にそれが理由でいきました)
当日食欲はあり、散歩も積極的にいきました。その日の夜頃から元気が無いような感じだったそうで、自分が帰宅後病院へ連れていきました。
直近で変わった事は、普段行かないドッグランへ2日前に行った事、当日3回嘔吐があった事です。

症状は急に出たようですので、慢性の病態ではないと思われます。そうであれば、炎症が起こるような要因が考えにくく、感染の可能性の方がある、現状の情報では、これくらいしか考察できません。現在の治療の結果を待つしかないです。

質問者: 返答済み 9 日 前.
夜遅くにお付き合いいただきありがとうございました。
不安な気持ちをどうにかしたく、色々調べ、闇雲に相談してしまいました。
冷静に診断結果を待ちたいと思います。

ご心配は良く分かります。大切な家族です。アロ君の治癒力に期待しましょう。

犬 についての関連する質問