JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1712
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

アポキルに変更してから舐める事は殆どなくなりその点は良かったです。ただ、ここ2~3日は日中でも寝っぱなしなので、何か変化

ユーザー評価:

アポキルに変更してから舐める事は殆どなくなりその点は良かったです。ただ、ここ2~3日は日中でも寝っぱなしなので、何か変化が起きているとしか思えません。1ヶ月前までは1日に何度も鬼ごっこをしていたのに・・・・・。歳だと言われればそれまでですが、兎に角、急変したので何かがあるのではと思ってしまいます。心電図とかも調べようとは思ってますが如何でしょうか。また脳梗塞も考えられないでしょうか。お座り!や待て!も出来なくなったりで心配です。
宜しくお願いします。

初めまして、質問ありがとうございます。

元気がないとのことでご心配ですね

飲んでいる量とワンチャンの体重を教えてください

またアポキル以外に飲んでいる薬や持病や既往歴を教えてください

質問者: 返答済み 22 日 前.
29356;の体重は現在は11.3kgです。7月は12.0kgでした。既往症はありません、病気をしたこともなく、元気な犬でした。ただし痒がり、皮膚がピンクになることが昔からあり、スプレーを幹部に吹き付けて治しました。ワクチンはバンガードプラス5/CV- L4、フィラリア等はネクストガードスペクトラ45を処方してます。
9月初めから痒がって足の付け根を舐め回したので、毛が少し抜けピンク変色したので、獣医に処方してもらいました。ビクタス20と40を1錠づつ、プレドニゾロン5を1錠、ヒスタミン財(白い小粒で下部に311と印刷)を2錠、コルタバンスをスプレー。2週間後程に活力の減少に気が付き、3週間後に獣医を変更しました。現在の獣医(1週間前)はアポキル(1/4粒)と他の2種類(名称不明・・明日の最新時に確認します)を処方してもらい、今は痒みを感じている様子は無くなりました。ただし、活力は回復していません。一日中寝ています。
宜しくお願いします。

オフィスの再インストールは完了しましたか?

質問者: 返答済み 21 日 前.
12450;ポキル以外の薬をご連絡します。
プレドニゾロン(小さな白い錠剤)を1錠、オフロキサシン(8mmの白い錠剤)を1/2錠です。
アポキルは1/4錠を朝と夕方に飲ませてましたが、今日から一日に1/4錠だけとなりました・・・かゆみが収まったようなので。
なお、以前の獣医から処方されたコルタバンスのスプレーを中止するようにとのことでした、皮膚が荒れてきてるので。
以上、宜しくお願いします。

考えられるのは

甲状腺機能低下症 ステロイドを使用すると低下症傾向になることがあります

肝臓障害 ステロイドによる

心臓や腎臓障害

などが考えられるでしょう

まずは血液検査や甲状腺ホルモン測定をしてもらいましょう

質問者: 返答済み 20 日 前.
34880;液検査は今日、依頼しました。
2週間後に報告を受けることにしています。
データのどんな点を注視すればよろしいのですか?
ホルモン測定は血液検査結果を見てからでも良いのでしょうか。
宜しくお願いします。

BUN、Creが高くないか

甲状腺ホルモンの数値が低くないかです

質問者: 返答済み 19 日 前.
12431;かりました。
活力が無くなっている事について、気掛かりなことは飲薬により脳に障害が発生しているのではという不安です。
一ヶ月前までは、一日に何度も鬼ごっこの催促をしていたのに、今はまったくありません。
    声をだして、手を上げて私に触れ催促していたんです。
また、お座り! や 待て! がまったく出来ないようになってまして・・・・・。
食べるときも待て!と言っても、むさぼりつくんです。
待て! お座り! と言うと反応はするので聞こえていると思います。
歳だと言えばそれまでですが、急激な変化なので。
脳梗塞とかの疑いは無いのでしょうか。
宜しくお願いします。PS. 送信出来てないかもと、思ってまた送りました。

脳梗塞だと大脳皮質に生じることが多いのですが

その場合には発作や半身不随麻痺、視力消失、ふらつきなどが

まず出る事が多いでしょう

ですから活力低下が低下しているのは関係している可能性はほぼ無いように思います

アポキルの副作用は人でも動物でも胃腸の障害が報告されていますが

他は稀のようです。

質問者: 返答済み 19 日 前.
29356;の体は元気であると思っています。
    散歩の時は、行きはイヤイヤですが、帰りはグイグイ引っ張って帰ります。
私が気になっているのは、脳に何らかの異常が発生して、活力が無くなったのではという点です。
お座り! や 待て! が急に出来なくなったり、私との鬼ごっこをしなくなったりです。
歳であると言えばそれなりですが・・・・・。
飲薬してからの時期と、ほぼ一致しているのが気がかりなんです。
その様な、行動変化はどんな時に起こるのでしょうか。
歳だと諦めるべきなのでしょうか。
質問者: 返答済み 19 日 前.
38651;話を希望するとクリックしてしまったようで、ごめんなさい。
現段階では、電話は希望していません。

一番わかりやすいのは、一旦薬をやめてみることです

1日おきにあたえ、2日おきにするなど間隔を開けていくのが

方法だと思います

質問者: 返答済み 17 日 前.
20966;方を変えてみるのは分かっていますし、獣医ともその方向で進めています。
しかし、私が懸念していることは、どのよう要因で鬼ごっこ等をしなくなったのかと言うことなんです。
前にもお話しましたが、歳なのであれば仕方ありませんが、変化が急だったものですから・・・・・。

それは検査や薬を減らすしかありません

急激に具合がおかしくなるのは、高齢なので

何でも可能性はあります

現在まで返信を行っていた専門家が回答権を放棄したため、代わりにご回答いたします。

主に問題となっている、アポキル投与開始後からの一連の行動の変化なのですが、アポキルの添付文書に副作用として明記されています。

該当箇所を抜粋すると、神経学的障害として眠気が4%、特定不能の行動障害が1.9%、食欲の異常亢進が1.3%、元気消失が3.9%などと今回の事例に当てはまる副作用が複数あります。

添付文書は以下リンクから誰でも閲覧可能なので、一度確認してみてください。

http://www.maff.go.jp/nval/tenpubunsyo/pdf/apq_z003r.pdf

甲状腺機能低下症や心疾患の副作用というものも記載はあるのですが、散歩の際には元気であったりすることからは否定的ですし、腎障害や肝障害では食欲不振や嘔吐などを伴うことが多いため、こちらも可能性としては低いものと考えれます。

一概に歳のせいでの病気発症と説明付けてしまうのは疑問なところです。

atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1712
経験: 臨床家
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問