JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6572
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

去勢済み 8月から急に体調が悪く、肝性脳症の症状と思われる徘徊があり、門脈シャントの疑いがあると言われました。

ユーザー評価:

去勢済み
8月から急に体調が悪く、肝性脳症の症状と思われる徘徊があり、門脈シャントの疑いがあると言われました。
吐いたり、下痢をすることもなく、ラクツロースとアモキシシルン、カナマイシン、ウルソ、トレピブトンを処方してもらってます。
徘徊が始まる前も調子は良くなかったですが、吐いたりしたことはなかったです。
今は、薬でアンモニアを抑えてるので、最近の血液検査の結果は添付ファイルの通りです。食べる量はすごく少ないですか、食欲はあるようです。
ただ、かなり痩せてます。
療法食を食べてくれません。
手術しないと治らない病気なのはわかりますが、
ここまでこの状態で、ある程度血液検査の数値が良くなくても、いつもと変わらず元気はあります。
ここに来て、リスキーな手術をし、徐々に正常に戻す事によって、副作用や合併症がおきないわけがないのもわかります。そう考えると、手術を無理にしたくないと思うようになりました。
今の現状を検査していただいて、延命治療にはなりますが、その時の調子に合わせた治療というか診察をして頂きたいと思うのですが、先日、主人が薬をもらいに行った時、その旨を伝え、今できる検査は無いですか?と聞いたら無いと言われたそうです。
徘徊があったときに、エコーの検査はしていただいです。
CTの検査しか、方法はないのでしょうか?

初めまして、質問ありがとうございます

今できる検査は総胆汁酸の検査が必要ですTBAと言います

またリスキーかどうか、あるいは手術すべきかはCT検査もして、今後の方法でどれが

ベターなのか元気なうちに探る方がよいと思います

いかがでしょうか?

質問者: 返答済み 1 月 前.
32966;汁酸も調べました。かなり高い数値でした。アンモニア数値を下げているから元気ですが、コレステロールが低く、栄養失調気味です。
これからどういう治療をするかは、手術をしなくても、CTをしないと現状他に検査出来ることはないという事でしょうか?

他には検査は、肝臓の一部切除検査くらいですね

CT検査で門脈シャントを調べ、手術適応であれば手術する方が予後がよいことは多いですよ

痩せてきている

療法食を食べない

など内科治療で限界がきているわけですから、早期に外科治療を目指すのは担当医としては至極当然でしょう。

元気で問題ないなら、内科治療だけで済むはずです

質問者: 返答済み 1 月 前.
12394;るほど。わかりました。ありがとうございます。

お大事にどうぞ

wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問