JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Anに今すぐ質問する
Dr.An
Dr.An, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 43
経験:  都内及び関東県内の病院に勤務し、一次診療から二次診療まで幅広い臨床経験があります。
106714815
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Dr.Anがオンラインで質問受付中

犬が急に立てなくなってしまい。本人も辛いのか、よく鳴く様になりました。ミニピン、16歳♂です。

ユーザー評価:

犬が急に立てなくなってしまい。本人も辛いのか、よく鳴く様になりました。ミニピン、16歳♂です。
JA: 了解しました。質問者様の犬の年齢と性別、可能であればブリードを教えていただけますか?
Customer: 16歳と1ヶ月、男の子です。前足が丸まり肉球を着かないため立てずにいます。現在、腎臓の点滴、肝臓の薬を処方されていますが、それが歩けない理由ではない様でどうしたらいいか困っています。
JA: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 毎日、マッサージと、腰を支えてあげて歩く練習、お座り、伏せなどをさせていますが、他に何がしてあげられるでしょうか?後ろ足をバタバタさせるので歩きたいんだと思います。可愛そうで、力になりたいです。
よろしくお願いします。
正確な原因は不明ですが、ヘルニアや脳梗塞などの疑いはあります。
症状は多岐に渡りますが、急にソワソワしだしたり、鳴いたり、立てなくなったり、発作を起こしたり、など、意識はある場合も多くあります。
16歳とかなり高齢期ですので、関節痛などまず間違いなく持っているでしょうが、急にという点からは上記のような脳疾患も疑います。
ヘルニアの場合はまず動かさずに安静にする事です。
脳疾患の場合は、リハビリなどの運動は構いませんが、治療としては点滴による昇圧や、脳圧を下げるなどの保護作用のある薬の投与になります。
文頭の症状は、脳梗塞の説明になります。
質問者: 返答済み 1 月 前.
12524;ントゲンや触診からヘルニアは無さそうですが、脳疾患ですか。これ以上、薬を増やすのも抵抗が有ります。

あくまで可能性のお話ですが、脳疾患である場合の診断はMRIになります。

実際に今の状況で検査するのは抵抗がお有りかと思いますが。。ヘルニアに関しても、診断はレントゲンできない場合がほとんどです。

また、例えば首から下に麻痺が出ている場合は触診などで痛みを示しません。排尿などが自分でコントロールできているようでしたら完全麻痺の可能性は低いかと思います。

いずれにせよ、画像診断がない状況ですと、治療といっても点滴かステロイドくらいでしょうか。

高齢ですし、家にいる方が安心はします。ご自宅で安静にすることは治療的なベクトルにも反しないと思いますよ。

Dr.Anをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問