JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
keikoに今すぐ質問する
keiko
keiko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 48
経験:  動物病院勤務
104712145
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
keikoがオンラインで質問受付中

14歳の老犬です。 14歳 雑種 メス, 腎臓が悪く、子宮蓄膿症になり

ユーザー評価:

14歳の老犬です。
JA: 了解しました。質問者様の犬の年齢と性別、可能であればブリードを教えていただけますか?
Customer: 14歳 雑種 メス
JA: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 腎臓が悪く、子宮蓄膿症になり
質問者: 返答済み 10 日 前.
14歳 メス 雑種です。
腎臓が悪いのに、子宮蓄膿症になり今日点滴を受けるため入院をしました。
手術しかないと言われたが、腎臓が悪いのでリスクが高いとの事。明日まで答えを出さなくてはいけないのでどう判断したら良いか…悩んでいます。
こんばんは。
加藤と申します。
よろしくお願い致します。
愛犬さんのこと、非常に心配なことと思いますし、オーナーさまもとてもお辛いお気持ちかと思います。
少しでもお役にたてれば幸いです。
まずはとても非常に難しい判断かと思います。
腎臓病の状態はどれぐらいでしょうか?
また愛犬さんのご様子として入院されているとのことですが、ぐったりしていたり明らかに状態が悪いご様子はございますか?
子宮蓄膿症はご存知かとは思いますが緊急疾患ですので、手術が1番の治療になります。
まれに内科治療で反応してくれるわんちゃんもいらっしゃいますが、多くは手術しない限り命にかかわりますし、言い方が悪いかもしれませんが手術しない場合余命も短くなってしまいます。
腎臓病があるとのことでリスクはとてもあるかと思いますし、腎臓病の重症度にもよりますが優先させるのであればやはり子宮蓄膿症のほうかと思います。
腎臓病の場合は手術でできるだけ血圧をさげないようにし、しっかり腎臓に血流を流すこと、点滴をしっかりすることなど注意点がありますが実際腎臓病があっても手術している子もいっぱいいます。
なので、できないわけではいですししっかり手術中管理されていれば無事に手術を終える可能性も高いですので、個人的な意見としてはできれば手術を選択していただいたほうがいいのかなと思います。
質問者: 返答済み 9 日 前.
12450;ドバイスをいただきありがとうございます。
腎臓の数値は
5月14日BUN25.3CRE1.23
8月1日
BUN40.7CRE2.22
9月11日本日
BUN39.2CRE1.78
CRP0.7でした。
一週間前くらいから食欲がなく、グッタリしている様子が見られ歩く時もヨロヨロな状態です。
しかし散歩は行きたがり一日2回朝、夕と10分程度しています。
室内で飼っており、とても寂しがりやで、夜寝る時も一緒に寝ている状態です。なのでストレスなども心配です。
ご心配ななかご連絡いただきありがとうございます。
腎臓の数値だけみると手術は可能かと思います。
1週間前からの愛犬さんの体調不良は、腎臓病からというよりは子宮蓄膿症からの可能性が高そうですね。
それであればやはり手術をされたほうがいいのかなと思います。
だたリスクはご高齢であること、少なからず腎臓が悪いこと、子宮蓄膿症であることを考えるとありますのでその点は十分にご理解してくださいね。
一緒に寝られているのですね。とても仲良しなんですね。
それであればよりご心配なことと思います。
手術後入院は病院さんによりますがだいたい三日から1週間ほどかなと思います。
ただ、術後も良好でもし病院だとオーナーさまがおおっしゃるようにストレスを感じているようであればもう少し早めに退院許可がでることもありますので、そのあたりもホームドクターさんにお話していただけるといいかもしれません。
質問者: 返答済み 9 日 前.
26412;当にありがとうございます。
3割しか腎臓が機能していないと言われ…麻酔から目を覚まさない時もあるといわれショックが大きく説明も頭に入らない状態でした。
的確なアドバイス本当にありがとうございました。
腎臓の数値が血液検査で上がってきるのは、7割が機能しなくなってからなのでたぶん先生もそういう意味でおっしゃったんだと思います。
もちろん先生がおっしゃる通り麻酔はどんな健康な子であっても100%安全ではありませんので、麻酔から覚めないということもゼロではありませんがこのまま手術をされなくても子宮蓄膿症で命に関わってくる可能性を考えると、リスクはありますが手術をして元気になる可能性が高いのであれば難しい判断ではありますがされたほうがいいかもしれませんね。
突然そういった状況になればオーナーさまもご心痛が大きかったと思います。
少しでもお役にたてていれば幸いです。
どうか愛犬さんの手術が無事終わり元気に退院されてま出来るだけはやくまたご一緒に過ごされることを願っております。
keikoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
20808;生のお陰で手術をする決心がつき昨日手術を終え無事成功しました。
まだ入院中ですが…少しずつ回復しております。ひとまず一安心です。ありがとうございました。
何かの機会に相談する時はまたよろしくお願いします。
今回は本当にありがとうございました。
おはようございます。
ご連絡頂きありがとうございます!
その後どうなったのかなとご心配しておりました。
こちらからご連絡ができませんので良い報告を聞けて私もとても嬉しく思います。
まだご回復にはお時間かかるかもしれませんが、少しずつ良くなっているのであれば退院される日も近そうですね。
何かあればいつでもご連絡いただければと思います。
愛犬さんのご回復を願っております。
オーナー様も大変だったと思いますのでお身体ご自愛くださいませ。

犬 についての関連する質問