JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 998
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

8歳の豆柴7KGオス(去勢しています) 私自身は内科の医師です。 5月25日に1年の一回の健診で ASTが43

ユーザー評価:

8歳の豆柴7KGオス(去勢しています)
私自身は内科の医師です。
5月25日に1年の一回の健診で
ASTが43 ALTが47 ALP101 γGTPが7.2でした。
7月16日再検査で
AST483 ALT1000以上 ALP484 γGTP15でした。
犬にはまったく症状がなく、黄疸もありません。
食欲は普通にあります。ときどき下痢をしますが、これは以前からです。肝臓のエコーでは、胆嚢、肝臓に腫瘍はありません。
特別な投薬もしていません。
こんな場合どう考えるのでしょうか? 犬の場合は肝機能の異常値の高さと病気の重症度と一致しないと聞きましたがそうなのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
26410;だ、答えがいただけませんが

たびくんのご家族の方、ご連絡ありがとうございます。

システムの変更でご返信が遅くなりました、申し訳ありません。

無症候の肝酵素の異常は機械的なアーティファクトもあるので、注意を要しますが、同じ機械で無処置で2ヶ月後の異常値の場合、考慮するのは肝臓のみの問題なのか?それとも付随する消化管や呼吸器の問題の検討です。

一般的なガイドラインで話をすれば、最初にやるべきこととして便検査(できたら病原体に対してのPCR検査)や試験的な駆虫、食事の変更。

特に柴犬の場合、アレルギーなども多いので、IBDやその他の免疫介在性の腸炎がないか?の確認をしていくほうが多いです。

なお、他の血液検査項目、例えば肝機能の評価でアンモニア、BUN、ビリルビン、コレステロール、中性脂肪、蛋白、アルブミン、できたら総胆汁酸、より詳細にはアミノ酸の検査などはやられていますか?

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
22238;答 ありがとうございます。参考になりました。 明後日近くの動物病院で詳しい検査をしてもらいます。
ご連絡ありがとうございます。
ご返信が遅くなりすみません。
他にも不安な点や疑問点がありましたらご相談ください
blue_rose2017をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
20877;度すみません。これで終わりにいたしますので。 7月21日に再検査しました。 ASTは483から133に下がっていましたがALTはまだ1000以上でした。ALPは484から256にさがっています。ただ腎機能がBUNが36.6 クレアチニンが1.6になっていました。   これだけでは可能性を考えるのは難しいですが、除草剤などの薬物による肝障害は考えられないでしょうか。 私の地域は畑も多く実際に除草剤がまかれています。 こういった症例は獣医さんも経験していると思いますが、なかなか若い先生ではそこまでのデータの読みができないようです。 いかがでしょうか??
ご連絡ありがとうございます。
なかなか難しい問題ですね、ASTは人と同じですぐ上がってすぐ下がるところがあり、ALTはそれよりも遅れてというところあります。
ただ、ALPが下がり始めていることから持続的な問題とは言いにくいかなぁが本音です。
また、腎の異常があるならばやはり尿検査をまず検討されるべきです。
お医者さんなのでご存知かと思いますが、他の項目がないと肝酵素パネルや腎パネルの一部のみでの評価は極めて危険です。
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
36861;加です。 今日の検査では血算もやってますが、白血球の分画を含めて全く異常なしでした。検便は検鏡ですが、虫卵などありませんでした。さすがにコレステロールは67と下がっていました。 アルブミンも3.4で正常でした。
 私が知りたいのは、こういう状況で、なんの疾患を想定するかです。人間ではALT1000以上で無症状はありえないですが、これほど大きな乖離もあまり経験してません。犬特有なものなんのでしょうか 獣医さんはときどきみることなのでしょうか?
尿は検査の予定です。
ご連絡ありがとうございます。
誤解されると困るのですが、他覚兆候での診断となるので、バラバラに色々な数値を出されても関連のある疾患の想定が難しいです。
ベースライン的なものでいえば除外による確定になるので、全データから考えることの方が多いですし、疾患の可能性としてのキーワードがあまりにも少なすぎます、
多分、自分だと次の検査か、今回の検査かで甲状腺の検査は入れていくと思いますが。
少なくとも、ALT1000を超えていて、t-bilが反応していないとかは少し考え難いものです。画像検査は何かされていますか?
また、ALPの分画検査は悪い選択ではなく、むしろ持続性高値なのでどこのALPなのか?を調べるのも悪いとは思いません

犬 についての関連する質問