JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ketama0616に今すぐ質問する
ketama0616
ketama0616, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 161
経験:  獣医師 at 動物病院
101937054
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
ketama0616がオンラインで質問受付中

起きているとき、特に夜中に大声で鳴きます、17歳の柴犬(雌)です。

質問者の質問

起きているとき、特に夜中に大声で鳴きます、17歳の柴犬(雌)です。
1年くらい前から痴呆の症状と耳が遠いのと両足が弱って歩くのがこんな状況ですのでこれも鳴く原因になっているかもしれません。私も高齢(76才)で犬の看病で寝れない日が続き疲れ切っています、何卒良いアドバイスをお願いいたします。因みに犬は食欲は普通です。
その他の症状
水を飲む量がかなり多い。 足が悪いのに自分で動こうとして激しい息遣いになります。
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  ketama0616 返答済み 5 ヶ月 前.

こんにちは。質問ありがとうございます。

昼夜の逆転(夜中に起きる)や激しい夜泣きは、

痴呆の症状による可能性が強いと思います。

このような症状を改善するために、

人間のように、睡眠導入剤や鎮静剤、有るいは睡眠作用のあるサプリメントを使用することがあります。

これらのお薬は、一度は動物病院の診察を受けてから処方を受けるべきですが、

ご自身がご高齢でいらっしゃるようで、もし犬を連れて行くのが困難であるような場合は、

往診でもいいので、一度診察を受けて、

その上でお薬をいただくと良いかと思います。

睡眠導入剤を使っても、いきなりお薬が効くということはあまりなく、

少ない量から投薬を始めて、徐々に増やして行くようになると思います。

ですので、適量を見つけるまで、少し時間がかかると思ってください。

もしお薬なしでの解決というと、

昼夜逆転の解消はかなり難しいです。

夜に寝ていてもらうためには、昼の時間に起きているようにしないといけないので、

昼にいろんな形で犬を構ってあげないといけないです。

触る、撫でるなどの刺激をできるだけ与えることです。

また、適度の日光浴や、運動も効果的ですが、

犬が足腰が弱っている状態だと難しいかもしれません。

ここまで頑張ってきた17歳のわんちゃんですので、

どうかご家族に負担ない形での介護ができますこと、願っております。

お大事になさってください。

犬 についての関連する質問