JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ketama0616に今すぐ質問する
ketama0616
ketama0616, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 162
経験:  獣医師 at 動物病院
101937054
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
ketama0616がオンラインで質問受付中

12才のミニチュアダックスを飼っているのですが 6年前にリンパ種のがんになり

質問者の質問

12才のミニチュアダックスを飼っているのですが 6年前にリンパ種のがんになり 腫瘍を取り除く手術を受け、その後抗がん剤の治療をして今に至っています 今年になり顎の下に黒いほくろのような物ができました 最初は小さかったのですが、今はパチンコ玉位の大きさに成りました 獣医さんに見せたところ 恐らく癌の腫瘍でわないかと言われました これを取るのには全身麻酔をかけて手術をする ただこれを取ってもリンパ種のがんは治らない 年齢を考えると手術をするのは考えて見てほしい(費用とかも含め)と言われました どうしたらいいのでしょうか?
投稿: 6 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  ketama0616 返答済み 6 ヶ月 前.
こんばんは。ご質問ありがとうございます。
まず、ワンちゃんの状態についてお聞きしたいのですが、
抗がん剤は現在も治療中でしょうか、寛解している状態ですか?
そのほかの一般状態ですが、心臓や腎臓、肝臓などの検査では問題はありませんか?
今度できた腫瘤は、いぼのように垂れ下がったものですか、皮 膚にベトっとくっついた感じですか?組織診断(針吸引などでの細胞診)は行っていますか?w手術について、高齢だから控えた方が良いと勧められているようですが、
心臓、肝臓、腎臓などに重大な問題がなく、現在元気であるならば、
手術は全く不可能というわけではないように思えます。
ただ、麻酔自体はストレスにはなりますから、
リンパ腫が寛解中として、麻酔がきっかけで再燃する可能性はゼロではないので、
その辺りを主治医の先生も心配しているのではと思います。まずは、顎の腫瘤の組織の細胞診をして見てはいかがでしょうか?
腫瘤の種類にはっきりした診断は難しいですが、悪性傾向があるか、良性のようなものなどか、
ざっくりとした診断は出ると思います。
それを見た上で、切除するかどうかもう一度考えられると良いと思います。
(良性ならば手術しないという選択肢はありだと思います)あるいは、腫瘍を2つ持ってということになるので、
主要の専門家のいる病院にセカンドオピニオンを求めても良いかと思います。
その方が、もしかしたら手術に対する指針を考えてくださると思います。12歳は昔なら高齢ですが、
いまは12歳ぐらいなら普通に手術できますことが多いので、
年齢をネックに躊躇はしなくて良いと思います。
ただ、心臓、腎臓、肝臓、現在のリンパ腫の状態は考慮すべきと思いますので、
一度全身のチェックも行うと良いですね。どうか良い方向でお話が進んで行くことを願っております。
お大事になさってください。
質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
12354;りがとうございます
専門家:  ketama0616 返答済み 6 ヶ月 前.

おはようございます。

そのごのかきこみなどがみられないので、

良い方向に向かっていると思いたいですが、

心配もしております。

何かございましたらまたご質問ください。

犬 についての関連する質問