JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ketama0616に今すぐ質問する
ketama0616
ketama0616, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 161
経験:  獣医師 at 動物病院
101937054
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
ketama0616がオンラインで質問受付中

先日膵炎を起こし、治療しましたが、現在、血液検査のLIP-Pは正常値に戻ったものの、今度はALPの値が1223になってし

ユーザー評価:

先日膵炎を起こし、治療しましたが、現在、血液検査のLIP-Pは正常値に戻ったものの、今度はALPの値が1223になってしまいました。
特に目立った症状はなく、とても元気にいますが、他の数字に異常がないため、経過観察だと言っております。いかがなものでしょうか?検査結果の表を添付させて頂きます。宜しくお願い致します。

こんにちは。

膵炎が治った後のALPの上昇ですが、全身性疾患あるいは急性や慢性疾患に関連した生理学的ストレスで症状することがあります。急性膵炎もこの範疇に含まれます。

現在は開腹しているとのことですので、このまま経過を見ることで徐々に低下していくものと思われます。

ALPですが、肝疾患だけではなく、年齢、犬種、薬剤、全身性の炎症(急性、慢性)、骨疾患などで上昇がありますので、現在では特別肝疾患だけを気にする必要はないと思います。

又経過を見て、数値の程度を見て行かれると良いと思います。

お大事になさってください。

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
20808;生ご返信ありがとうございます。少し安心致しました。
以前は人間の食べ物も食事の際に少しあげていたこともあり、
今は反省して、全く与えることがなくなったため、
恐らくそれもストレスになっているのではとも感じています。魚や野菜を主成分とした柔らかいおやつを少しだけ与えるようにしています。
ありがとうございました。
今後も経過観察していきます。

こんにちは。

人の食べ物を食べる子で膵炎は多いようですので、確かに注意は必要ですね。できるだけ膵臓に負担のないようなものをおやつであげられると良いと思います。野菜(糖質の少なめなもの)やゆでただけのささみ肉などは適切と思います。脂肪分の少ない魚類も良いですね。

ALPは肝疾患や膵炎などの炎症以外でも上がることもありますが、多くは経過を見て良い物が多いので、経過に気をつけてお過ごしください。

ketama0616をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
20808;生ありがとうございます。
市販されている野菜のボーロや魚で作られた乾燥したおやつを与えておりますが、
脂肪が少ないものでしたら大丈夫でしょうか?
これからは脂質成分1パーセント以内のものを与えていこうかと考えております。

乾燥ボーロは食べ過ぎでない範囲なら良いと思いますが、

糖質やでんぷん質がややありますので、あげすぎには気をつけて適量で。

脂質のほか、糖質の多いものも負担になる場合がありますので、気をつけてくださいね。

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
20808;生、何度もありがとうございました。
はい、おやつも成分を気をつけ、少なめに与えます。ありがとうございました。

犬 についての関連する質問