JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 910
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

徘徊が酷くなりアセプロマジン(ピンクの錠剤)1/8では効かなかったので先生の指示で半錠服用しました15分から30分で寝落

ユーザー評価:

徘徊が酷くなりアセプロマジン(ピンクの錠剤)1/8では効かなかったので先生の指示で半錠服用しました15分から30分で寝落ちとの事でしたが4時間経っても
歩く事ができます。体重は2.3Kです
量的に少ないのでしょうか?

ご連絡ありがとうございます

薬のオーバードーズは危険なので、今はここでやめましょう。

少なくとも、これよりも多くなると今度なすぎることになるかな?と感じます

質問者: 返答済み 1 月 前.
12371;れよりも多くなると?危険という事でしょうか

誤字があってすみません。

これよりも多くなると確かに危険性は否定しないですし、眠すぎる可能性があります。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12372;回答ありがとうございます
病院に行きました。珍しい事ですが、薬が、効かないとの事でした。本日は、とりあえず私が休んで下さいとの事で、預かり入院したのですが、
徘徊を内服で寝かす事が。不可能との事でした
寝かすのであれば注射との事でしたが
麻酔に近いものになってしまうという事になるのでしょうか、他に方法は無いのでしょうか

ご連絡ありがとうございます。

耐性がつくのは仕方のないところであったりもします。

例えば、寝てもらうために薬の系統を変えて見るのはどうでしょうか?

例えば注射薬の鼻から投与とか、呼吸を切ることのない薬の投薬はより良い検討と考えます

blue_rose2017をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問