JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 258
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

10歳のゴールデンリトリバー 女の子です。 小さい時から 左の前足の付け根からお腹 胸あたりに

質問者の質問

10歳のゴールデンリトリバー 女の子です。
小さい時から 左の前足の付け根からお腹 胸あたりに
ソフトボールくらいの脂肪の塊があり検査もしてましたが悪性の要素がなくて10歳になりました。
最近そこが大きくなってきたのでかかりつけの病院にいきましたら
もう一段回細胞を接種して 深く接種した部分を検査に出すか
もう一つは全身麻酔で切開して両性でも悪性でも切り取ってしまうか
と言われました
一応 深く細胞をとって検査する方法にしてみようかと家族と相談しています
その動物病院も信頼はしてますが
もう一軒違う評判のいい病院にセカンドオピニオンにいこうかと悩んでいます。
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  blue_rose2017 返答済み 5 ヶ月 前.

メイちゃんのご家族の方、ご連絡ありがとうございます。

具体的に小さい時というのはどのくらいでしょうか?

レトリバー系で4歳から甲状腺機能低下症が起こることがあり、それと併発する脂肪腫を何件か見たことがあります。

大型化してきて硬さも増えているならば悪性の可能性も高いと考えても十分なので、細胞診を再度、出来たら浅いところ、深いところ、真ん中とをとり、術前検査での甲状腺の確認やエコー、その他の必要になる術前検査の実施をお勧めしたいと考えます。

なお、セカンドオピニオンについては、考えようの一つですが、どう評判がいいのか?にもよります。

例えば、安くて結果が良いのであればより良いかもしれないですが、とった腫瘍をきちんと病理診断してくれるのか?とか、自分も昔脂肪腫と病理で診断して外注で確認したところリンパ腫が隠れていたとか、痛い経験を一度しています。

全体の切る前、切った後の流れを踏まえてご家族の方で検討されたり、ご相談いただけるとより良いと考えます。

犬 についての関連する質問