JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1020
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

6歳のヨークシャテリアが2週間前急に歩けなくなりMRI,CTの結果椎間板ヘルニア、脊髄梗塞の疑いと診断されました。当初は

ユーザー評価:

6歳のヨークシャテリアが2週間前急に歩けなくなりMRI,CTの結果椎間板ヘルニア、脊髄梗塞の疑いと診断されました。当初は痛みも無く寝たきりでしたが、数日前より痛みが激しくなり、昨日病院で椎間板が出ているとかではなく椎間板が破裂とゆうか、はじけるといいますか、つきでている椎間板が神経を圧迫させてるのとは違うといわれました。なので手術はできないと。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 今後は痛みをとりつつ投薬治療をしていくと。昨日いただいたお薬が、ウルソ50mg、ノイロビタン、抗てんかん剤、ステロイド、ダイアップ4mgでした。調べたらダイアップは痙攣や鎮静のお薬だと書いてあり、鎮痛作用はないと。獣医師はダイアップと抗てんかん剤に沈痛作用ありと言ってました。うちの子は痙攣もひきつけもおこしていないので、この薬の選択は間違いありませんか?

ご連絡ありがとうございます。

椎間板ヘルニアは場所的に何処らへんですか?

首なのか?胸腰なのか?骨盤の近くなのか?でご回答が変わります。

また、椎間板ヘルニアにもいくつかのパターンがあり、椎間板逸脱については破裂、断裂、突出というパターンがあるのですが、ご家族の方が間違えてお聞きになったわけでなく、この話をきちんと獣医師側が飲み込めていないようですね。

どちらにして、今の神経のレベル、例えばグランドが幾つなのか?で話は変わるし、破裂や断裂は十分な外科適応基準だし、ダイアップは筋肉を緩めるという意味合いでの使用かと思いますが、今時の薬ではないですが。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12504;ルニアは背中辺りで第6と第7かと思います。
痛みの原因は今もわからずで
昨日ダイアップからレペタンに変わりました。
強い鎮痛剤みたいで昨夜容量通り1個座薬しました。しかし変わらず泣き続けました。
3時間経過して再度抗てんかん薬を飲ませやっと落ち着きました。
もうどうしたらいいのかわかりません。どこが痛いのか触ってもギャンっと言わないので

ご連絡ありがとうございます。

6歳のヨーキーで今も歩けないという認識で間違いないですね?

指先をつねって怒ったりしないですか?

後、おしっこはきちんと出来ていますか?

可能性として6-7の腰骨だと馬尾の疑いが強いと考えます。

後は男の子だとたまにあるのが前立腺から似たような問題を経験したことがあるのですが。

ただ、あまりに痛みが強いときは温罨法といって温めたタオルをヘルニア部分に当ててあげるのも良い手段です。

また、現状変わらないならば、上申といって大学とかより高度な仕事が出来る病院への転院をお勧めします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。
おしっこは一気に出たこともありますが、だいたいチョロチョロと漏らすように出てます。
便も発症から2週間で2回まとめてでました。
指先をつねった事ありませんが、どこを触っても嫌がりません!
今は会社なので試せませんが…
はっきり原因わからないままでこれからも痛みと戦うなら
安楽死も視野に入れてあげたいと思っています。

ご連絡ありがとうございます。

多分、初動の問題かもしれません。

指先をペンチみたいなもので、グッと摘んで噛み付くレベルならば深部痛覚ありなので、脊髄の減圧術という手術適応です。

ダメージのレベルにもよりますが85%は治る可能性があります。

無くて、また自力で排尿が出来ず漏れ出ているとき、膀胱がパンパンでということも考慮が必要です。

この場合、手術で50%以下、ただ後で書きますが細胞治療と合わせると上がる可能性があります。

多分、泣いていてる理由として痛みとかではなく、膀胱アトニーを起こしてるのは確実性が否定できないため、お仕事が終わられたら病院に行き膀胱の確認、腎不全起こしてないかの血液検査、そして再生できるかわからないけど、細胞治療などまだ若いのでチャレンジできる仕事は多いと考えます。

blue_rose2017をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問