JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1582
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

こんばんは。夜分にすいません。2015年7月に、軟便、下痢から、受診し、その際腹水が溜まっているとの事で血液検査をして、

ユーザー評価:

こんばんは。夜分にすいません。2015年7月に、軟便、下痢から、受診し、その際腹水が溜まっているとの事で血液検査をして、タンパク質漏出腸炎と診断されました。内視鏡検査による確定診断はしてませんが、症状とエコーの所見からリンパ拡張腸炎だろうとの事で、ステロイドと、ロイヤルカナン消化器サポートで治療を始めました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
30274;養食では、改善が見られないため手作り(白米、野菜ペースト、ササミなど)に変更し、改善されて来たのでステロイドを1.25mgを2,3日に1回で2年ほどはいい状態を保ってましたが、ここ最近、軟便になり、アルブミンも下がって来ました。これは状態が悪化してるのでしょうか。食欲はあります。嘔吐なしで便は1日一回でその一回にすごい量の軟便をします。

確認遅くなり申し訳ございません。

蛋白漏出性腸症は非常にコントロールが困難な疾患の一つであり、症状からはほぼ診断自体には間違いないでしょう。

また最近軟便およびアルブミンの数値が低下しているとのことですが、恐らく現在の投薬内容ではコントロールが付かなくなってきている可能性が高いため、例えばステロイドの投与頻度および用量の増量、シクロスポリンとの併用、メトロニダゾールの使用、ステロイドの種類をより消化管に特異的なブデゾニドというものに変更する、などの対策がありますが、かかりつけの動物病院とご相談の上、開始できるものから行って行かれてはいかがでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;返事ありがとうございます。
小康状態を保っていたのに、急に悪化してしまった原因はどの様なものが考えられるでしょうか?
一概には言えないかと思いますが、何かアドバイスがあれば教えて下さい。
また、やはりこの様に再発し、悪化した場合、良くなる可能性は少ないですか?
ブデゾニドを調べたら魅力的なお薬ですが、だいたいどこの獣医さんでめ
質問者: 返答済み 1 年 前.
29539;医さんでも処方してくれるようなお薬でしょうか。

そもそも蛋白漏出性腸症の発症機序自体が、免疫が関係しているのではないかとはされていますが、細かくは解明されていない疾患であり、一般的にコントロールを良好に付けれるのは平均的に半年~1年ほどが多いとされています。

そのような理由から、今までの投薬内容で落ち着いていたものが、悪化してしまう理由も、免疫が関係しているのかもしれませんが、正直な所原因特定は不可能かと思われます。

悪化した場合ですが、既に一通りの薬剤をフルで用いている場合は改善は難しいですが、薬の種類が少ないのであれば、改善の可能性は十分に考えられます。

ブデゾニドの内服ですが、基本的には国内の製薬会社から入手はできないので、海外からの個人輸入という形となるため、常に置いてあるという動物病院は少ないかと思われます。

海外薬の個人輸入を行っている動物病院自体はかなりありますので、注文可能かを確認する必要があるでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
29694;在は、体重2.5kgで、プレドニゾロンを1.25mgを3日から2日に1度投与して昨日から朝、晩の投与に切り替えました。シクロクロスポリンも興味ありますが、今までかかった大小合わせて5つの病院では1度も提案がありませんでした。シクロスポリンは副作用はキツイのでしょうか?ブデゾニドの件は大きな病院で聞いてみます。なんとか持ち直して欲しいです。ありがとうございました。

シクロスポリンは免疫抑制剤であり、ステロイドも免疫抑制作用があるため、併用により感染を起こしやすくなったり、胃潰瘍などの副作用が出る可能性がありますが、蛋白漏出性腸症の治療方法としてはごくごく一般的に使用されており、どんな教科書にも載っているような治療薬なので、一度も提案されないのが非常に疑問です。

リスクはもちろん0ではありませんが、ステロイドの量をどんどん増量するよりは低リスクですし、現状を改善させるにはまず追加すべき薬剤かと思われます。

atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。なぜか私は5箇所も病院を変えてもシクロスポリンの処方は無かったのですが、こちらから薬剤の提案をしても大丈夫でしょうか?

何か追加できる薬剤はないのかとご相談いただいて、こちらからの返信を引用いただいても構いませんので、質問者様から提案されても全く問題ないかと思われます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。また先生に相談させていただきます。薬剤、提案してみます

たまたまですが、蛋白漏出性腸症の症例を多数経験しており、上記で挙げたような処方は全て行ったことがありますので、またご不明な点等ございましたら、ご遠慮なく質問ください。

難しい病気ではありますが、改善されると良いですね。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12399;い。また、検査結果などが出ましたら改めて指名にて相談させて頂きます。先生のような獣医さんを受診したかったです

どうぞお大事にされてください。

犬 についての関連する質問