JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1020
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

はじめまして。 愛犬がクッシング症候群と糖尿病の診断をされ、インシュリンの注射を自宅で打つことになったの

ユーザー評価:

はじめまして。
愛犬がクッシング症候群と糖尿病の診断をされ、インシュリンの注射を自宅で打つことになったの
ですが、犬に注射した後、その注射針が私の指に刺さってしまい出血しました。
特に何か症状がでてはいませんが、人体への影響(感染症など)がとても不安です。
何か影響がありますか?あるとすればどんな事が考えられますか?
又、私自身、病院でどんな検査をすればよいのでしょうか?
とても不安ですので、ご回答を宜しくお願い致します。

るきちちゃんのご家族の方

ご連絡ありがとうございます。

初めまして

るきちちゃんがきちんとワクチン接種などしていれば基本問題はないです。

ウイルスは種特異性が高いため、犬→人はあまりないです。

また、感染症法的に現在犬にかかるだろうで考えられているものは狂犬病のみです。

狂犬病がきちんと予防されているならば、ウイルスの問題は考慮は最低限でいいです。

細菌については、一部細菌は種の壁を越えるため、誤って刺してしまったところが膿んだり、痒みがひどければ人の内科に行かれるべきです。

ただ、インスリンの注射器の針がそんなに太くなく、持って行くバイキンの量はそんな多くないというか、物理的にほぼ0と考えられる程度ですから、ご安心されても良いのかしら?と考えます。

また、最後になりますが、痒みがひどく、刺さった指が腫れたり何からした時、この問題がある時にはアレルギー科はかかってもらう方がいいです。

動物の血液に対して、アレルギーを引き起こす問題もあります。

以上まとめますと、もしも人の病院に行かれるのであれば、総合診療科とか、内科に行かれる。

検査がご希望であれば、人医師とよく相談されるになると思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございました。 少し安心致しましたが、もう少し質問させて下さい。
申し訳ありません。
勿論、狂犬病の予防注射は毎年きちんとしています。ワクチン接種とは狂犬病の事でしょうか?
犬が生まれた頃にはワクチンは3回程しましたが、最近はワクチンは接種していません。
回答も、考えられるのは狂犬病のみとの事でしたのでほぼその点だけで大丈夫でしょうか?
何か症状がでれば(ご回答の指先の腫れなど)は当然病院に行こうと思いますがそれ以外で検査して頂く場合は
何時間以内とかの方が良いとか考えられますか?
日にちがたっても大丈夫でしょうか?検査の結果がきちんとでるかという意味です。
しつこくて大変申し訳ありませんが再度宜しくお願い致します。

ご連絡ありがとうございます。

狂犬病ワクチンの接種はされてるとのことなので、問題になる可能性は低いと考えます。

ワクチンは混合ワクチンのことです。

先ほど、お知らせしました様に、一般的に針のサイズか大体30Gだと思いますが、その程度で動物の血肉でアレルギーを起こしたことがない場合、または一度さした程度ではアレルギー反応を起こすことはないです。

そして、検査をお受けしたい旨をお伝えされても、その検査が何を目的にされるのか?でいつ検査をするは変わって来ます。

どういうものが知りたいのか?を逆にお知らせいただけませんか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございます。
そうですね。検査といっても目的がいりますよね。
例えばですが、人だとB型肝炎・C型肝炎・エイズなどの感染症があると思うのですが(素人考えで申し訳ありません)
そういった時間が経過して出てくるような病気を心配しています。(今すぐに症状としては現れない病気などです。)
あまりうまく伝えられなくてすみません。
多分私の考え過ぎだとは思うのですが、性格的に心配性なので申し訳ありません。
宜しくお願い致します。

ご家族の方

ご連絡遅くなりました。とりあえず、獣医師として言えることとして、人<->犬の病気で伝染するもののメジャーなものかつ、そういう事故伝染する病気は上記に書いた通りです。

時間経過とともに出てくる病気に関しては今後の科学の発展で別の病気がわかるかもしれませんが。

今、わかることはそのレベルです。

そして、なんどもお知らせしますが、30G程度の針の刺し傷で入るバイキンの量は通常正常な免疫であればきちんと排除されるので、病気になることはほぼないです。

免疫の低下などが起きているのであれば、人の先生と相談される方が良いでしょう。

blue_rose2017をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問