JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 943
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

1歳10ヶ月の雑種犬を兄弟で飼っています。拾った時期は推定生後3ヶ月の頃で、2匹ともワクチン・狂犬病等は決められた回数接

ユーザー評価:

1歳10ヶ月の雑種犬を兄弟で飼っています。拾った時期は推定生後3ヶ月の頃で、2匹ともワクチン・狂犬病等は決められた回数接種しました。
今年の3月頃、片方の犬が突然四肢が効かなくなり呼吸が荒くなる症状がでて、夜間診療にかかりましたが、血液検査の結果は特に問題無いとの事でした。そして今月中旬にまた同じ発作が起き、その日にかかりつけの医院に行き、紹介状をもらいMRIのある病院に次の日検査に行き本日ジステンパー脳炎との診断結果が出ました。私なりにネットで調べたのですが、鼻水や下痢・嘔吐・食欲不振等ジステンパーにみられる症状を今まで感じた事が無かった為、かなりショックをうけています…。
また兄弟犬の為、もう片方の子にも罹患している可能性も有り得るかと不安で堪りません。その場合、その子もMRIの診断は必要ですか?それとも血液検査でわかるのでしょうか?
そして今後、投薬治療になった場合の費用はどれぐらいになるのでしょうか?
わかる範囲でお答えいただけましたら助かります。

ご家族の方

初めまして

ジステンパー脳炎という診断が画像でされただけですか?

他の検査(血液、ベン検査、神経学的検査)はされていますか?

仮に、ジステンパー脳炎であったとすれば、二子ちゃんがきちんと予防をされていたということであれば伝染する可能性が低いかな?と考えます。

ご質問へのご回答を適切にしていきたいので、もう少し情報を頂けませんか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速のご返信ありがとうございます。血液検査は3月に夜間診療でかかった際の物をデータとして持って行っただけで、MRIを受けた病院では無かったです。便の検査もしていません。明細には、MRI・それに伴う造影検査、ジステンパーウィルス抗体検査、脳脊髄液検査、細胞数・蛋白定量検査となっています。イチ子もニ子も同じ日に拾い、同じ日にワクチンも受けていたので、何故イチ子だけが発症したのかもわかりません…。今現在の様子も今月中旬の発作以来目立った事はなく、日々兄弟で家の中で運動会状態と健康そのものに見えてしまいます。食欲も排便もいたって普通の状態です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
30011;像が荒く確認出来るかわかりませんが、3月の血液検査の画像を添付いたします。参考にしていただけましたら幸いです。

血液検査の結果から代謝性の可能性は低そうです。

理想的にはジステンパーがいるということの証明、これは脳脊髄液からジステンパー抗原が出たのでしょうか?

画像の形のみでの評価では難しいと考えます。

その辺の御説明を受けられましたか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
26412;日は私が仕事中に受けた電話だった為、病名のみ伝えられた形でした。また、検査の資料も全ては揃っていないとの事で、現状わかった範囲での診断かと思います。資料が揃い次第、自宅に郵送くださるとの事で、その資料に私も目を通しながら再度電話で説明下さるとのお話でした。私事ではございますが、現在家族の中に入院中の者もおり、MRIの病院は車で2時間程と遠方な為、病院で直接お話を聞くのが難しい状態にあると伝えたからだと思います。

ご返信遅くなりました。

PCからのご返信になります。

少し、ご家族の方も確定的ではないというところですね。

メーカーさんの資料とやや古い学会の資料ですが

http://www.idexx.co.jp/pdf/ja_jp/smallanimal/reference-laboratories/jp-realpcr/JP-SAH-lab-dx-realpcr-cdv.pdf

http://www.jbvp.org/petlovers/dog_densen.html

をご紹介します。

経験的な部分や神経学の専門医からの授業でも、若齢期発症が一般的で、全身性の疾患から回復した犬が神経症状を起こすことがあると考えられています。

その場合、全身症状が治ってから 1-2 週間後に起こるのが一般的とされています。

初期の段階で無症状だった犬にも極稀に起こることがあり、子宮内または出生後すぐに感染した犬は、他の全身症状を呈さずに甚急性の神経症状を起こすこともあります。

また、神経症状は全身症状と同時に起こることもあれば、数ヵ月~数年遅れて出ることもあります。

診断過程でどうやって?という部分が一番大切で、ワクチンが弱毒生のため体の中で病原性はないものの増やして抗体産生と細胞性免疫を獲得させることがあるため、血液だけでは評価が難しいのも事実です。

同居の二子ちゃんに起こらないとは絶対には言えませんし、また、ジステンパーの場合、脳に組織学的に形の変化を起こす(MRIよりも微細な細胞レベル〜MRIでの検出可能レベル)事があるので、必要に応じて抗てんかん薬の治療が必要になります。

大体、費用的に1ヶ月がフェノバルビタールで1800円+定期的な血液検査代(2〜30,000円)またはゾニサミドで大体3000円+定期的な血液検査(2〜30,000円)が必要となります。

また、前者のほうが毒性(肝臓等)が強く出ます。

blue_rose2017をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問