JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 998
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

7歳になったばかりのアラスカンマラミュート(雄)です。

ユーザー評価:

7歳になったばかりのアラスカンマラミュート(雄)です。
昨日の朝、散歩に出た時は特に異常がなかったのですが、夕方再び散歩に出ると、右後ろ脚と右前脚がナックル状態になり、歩けてはいるものの、右側にふらつき始めました。
急いで夜間担当の動物病院でみていただくと、目の状態、耳の状態、歩き方などから脳の病気ではないとのこと。おそらく頸部の椎間板ヘルニアではないかと言われました。
数日前に兄弟犬とケンカをしていて、その際に背中か首を痛めたのかもしれません。
ただ、右半身のみの症状であることからヘルニアと断言できないとも…
処置としてはケージレストによる4週間程度の経過観察と言われました。薬などは出ていません。
お聞きしたいのは、とにかくケージレストはさせた方が良いと思うのですが、大型犬ゆえにどのようにしたらよいのかわかりません。
昨晩はおとなしく小屋(外飼い、畳1畳分程度、立てる高さ)で寝ていましたが、排泄などで外に出たりもしています。
現在はおとなしく小屋の外でずっと横になっていますが、激しい動きはしないものの、歩き回ったりはする可能性が高いため、どうしてやればよいのか皆目見当がつきません。
上手なケージレストの仕方、またこの症状でヘルニア以外に考えられる病気などがあれば教えていただきたいです。

ゾーイちゃんのご家族様

場所の特定でレントゲンやCT、MRIは必要です。

少なくともレントゲン撮られていますか?

可能性として、頸部椎間板ヘルニア、ウォブラー症候群、頸部の脊髄にできる腫瘍など様々です。

ヘルニアであれば頸部固定なども必要ですし、ケージレストのみでは些か不足を感じます

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速のお返事、ありがとうございました。急なことだったため、かかりつけではなく夜間当番の動物病院でしたが、レントゲンは撮っていません。
CT、MRIについては説明を受けました、ただ、地方なもので県内にはMRI完備の病院が1軒だけということで、
とりあえず様子を見て必要ならば紹介状を書く、と言われました。
今朝、もう一度様子を報告するようにとのことだったのでお電話したのですが、
「昨日の診断と今朝の状態(歩けている)で判断すると、緊急性は低い。
ただし、ケージレストは徹底し、寝たきりに近い状態にさせるように」
との判断でした。
ケージレストといってもどのようにすれば良いのか、具体的なことがまったくわからなくて困っています。

椎間板などでのケージレストはストリクトケージレストと言われる1番キツいものを意味します。

アラミューだと30〜40キロを超えるかと思いますが、褥瘡やその他の問題が引き起こされるリスクやベンチ、感染症などの問題も起こります。

具体的には適当なサイズのケージを購入入れておくですが…個人的には勧められません

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。
私としても、60kg近いこの犬を入れるケージがそもそもすぐに用意できませんし、トイレの問題や寝返りなど、介護とは全く別のことであり現実的に出来るのかと不安です。
明日、かかりつけの先生にも相談して、どうするかという判断にはなるのですが、MRIをするにしてもじゃあ明日、という話にはならないので、
それまでの待機の間、どのように過ごさせるのが良いでしょうか?

そうですよね、60だと寝かして云々は逆に他のパーツ、例えば褥瘡から何からで壊しちゃいますから、ぬいぐるみの引っ張り合いっこはやめる、ご飯は首に問題かなぁ?なら高いところに置いて首を下に下げないようにする。

こういったことと、後、かかりつけで足の太さは測ってもらってください。

使っていないと細くなります。それも一つの所見です。

早めに処置できるといいのですが

blue_rose2017をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます、激しい運動でなければ、少々うろつく程度は許容しても良いということでしょうか。
明日先生と相談し、blue_rose2017 先生から教えていただいたことも伝えてどうするかを決めます。
もし、MRIまでに時間がかかるようでしたら、blue_rose2017 先生のアドバイスに従って、出来る限り安静にさせ、首への負担を軽くする、
食餌の姿勢を工夫するというようにします。
いずれにせよ、MRIで確定診断は希望するということをかかりつけの先生にもお願いして、早めに大きな病院へ連れていこうと思います。
大変参考になりました、また、ケージレストについてもうちのような大きな犬の場合についての考え方など、お聞きできてよかったです。
お忙しいところ誠にありがとうございました。

犬 についての関連する質問