JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 998
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

ヨーキー 雌

ユーザー評価:

ヨーキー 雌 13歳(もう少しで14歳)昨年の年末頃から興奮した時の咳が気になり定期的に病院にそうだんしていましたが、3月末に余りに咳が続くのでレントゲンとエコー検査をしたところ、弁膜症による左心室肥大(2・4)言われて投薬を開始しました。その後肺水腫になり利尿剤を注射、投薬。4/16に痙攣をおこし尿毒症を発症。腎機能低下、膵炎、肺炎を併発し現在は治療の方法がないとのことです。
現在の投薬は、ピモベハート 4/3を日に3回、咳が出たときにベトルファール0・1mlです。
食欲は多少有り、水も自力で飲みますが先程立てなくなりました。今後出来るだけ苦しまないようにしてあげられることは、有りますか?宜しくお願い致します。

福ちゃんのご家族の方

とても心配な状態ですよね、方法としてサジェストすることは出来るのですが、担当の先生との相談が必須になります。

ご家族の方としては、入院は負担がかかるからさせられないと言うのも理解してあるつもりですので、

在宅酸素療法と広域抗生物質の使用、そして気管支拡張薬の処方である程度本人の負担は減らせます。

また、先生によってはネブライザーなどの機械を楽天などで良いですから買って下さいと言う指示があれば、より肺の細菌感染の緩和化も計れると考えます。

ただ、こういった機材の導入で費用の問題やご家族の方の生活で酸素発生器の周りで火を扱わないとか、後は本人がそのケージの中で泣き騒いでしまうと言うことがあるとあまり良くはないのですが。

ご検討下さい

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございます。
抗生物質の投与も、今の状態では、好転は見込まれないとの事でした。
ネフライザーについては、難しいと思います。
慣れない事をする事で興奮して呼吸困難になると思います。強心剤を入れながら輸液をするために日帰り入院しましたが、かえってぐったりしてしまいました。
ですが、自宅に帰ってからは少し元気になり、食事を取れるようになりました。
そのため主治医から病院で治療するより自宅で過ごすことを勧められました。
現在呼吸が苦しくなることが増えて来ていま。病院ではベトルファール鎮静させるぢかないと言われました。
他に少しでも楽になる薬や方法は有りますか?(安楽死以外です)
また、1日の中でも容態が変わります。
食事も好き物だけは食べます。
辛い気持ちは耐えて、見守る為しかないのでしょうか?

ご連絡ありがとうございます

ベトルファールが効果的であれば、鎮静といって落ち着かせるために、口腔内投与や濃度によっては麻薬指定ですが麻薬にならない程度のコデインなども鎮咳、鎮静で対応することも可能です

もしも、私が担当医であれば、軽い鎮静か麻酔をかけさせて貰えれば、細菌と真菌を培養感受性検査とPCRによる検査を行います。

難しいようであっても、

  1. 心疾患の除外で心臓の超音波検査、本当に心臓の薬が必要なのか?の確認、必要であれば現在の投薬と同じか、不整脈などが肺の問題で起こりますので抗不整脈薬の使用
  2. 細菌感染の重度化から甲状腺機能低下症の除外
  3. 広域抗生物質で連用に耐えられて、抗炎症効果があるとされるミノサイクリン、ドキシサイクリンにて細菌感染への対策
  4. カビに対して体の負担を減らすと言う意味で週末のみのイトラコナゾールでの真菌症の対策
  5. 気管支拡張薬で、1日1から2回でなんとかなるテオドールの使用
  6. 鎮咳作用でベトルファールやコデインの使用
  7. 抱っこしてる間、落ち着いて入れるなら在宅でのネブライザー

をご家族へ提案します。

特に犬種的に気管虚脱もありうるので、進行を防ぐために、頸部のレントゲンと胸は必ず確認をして、上部気道の問題があるようであれば、先に示した麻酔なりでの検査の際に軟口蓋、いわゆるノドチンコの短縮化と扁桃腺の除去も提案に入るかもしれません。

これはご家族の方の同意がないとできないので麻酔リスク1%から5%の可能性、入院3日、酸素室預かりがお許し頂ければ、積極的な対応としてお勧めすることもあります。

blue_rose2017をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
26152;日、息をひきとりました。

犬 についての関連する質問