JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 998
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

コルチゾール Pre、Postともに0.8ug/dl、とはアジソン病の疑いが高いですか?

ユーザー評価:

コルチゾール Pre、Postともに0.8ug/dl、とはアジソン病の疑いが高いですか?
同じ獣医院内で各医師の説明、見解が違い戸惑っております。
また血液検査前、餌は与えていいのでしょうか?与えてよいと言われてますが、ネットでアジソン病の血液検査前は空腹時行うと見かけたので。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
28151;合ワクチン接種後、多飲多尿、下痢、元気がないので、受診。
少し前から毛色の根元が変色も気になる。
クッシング病を疑われ、血液検査、
結果先に記載したものと
T4 3.4、FT 1.0、TSH 0.10 単位略 の結果。 先にアジソン病と診断で少量のステロイド服用。
多飲多尿は変わらず。
また、血液検査の晩、嘔吐とひどい下痢で食欲もなく、翌朝受診。
注射の副作用かもと注射し、落ちつく。
元々、お腹がすくと嘔吐や季節の変わり目にお腹が弱かったこともあり、糖尿とメンタル面を疑われる。
血液検査では糖尿の数値なし。
それぞれ、同じ病院ですが、別の獣医師です。
また血液検査とのことですが、
先に検査後、ひどい下痢もあったり、診断も落ちつかず、困っています。
質問者: 返答済み 1 年 前.
28151;合ワクチンは、8種類ですが、
今年は別のメーカーのものでした。

まりもちゃんのご家族様

アジソン病こと副腎皮質機能低下症は巧妙な詐欺師と言われ色々な病気の裏にいることがあります。

また、アジソン病は定型と非定型のふたつがあり、まりもちゃんは

電解質のバランスがおかしくなる定型だったのでしょうか?

また、今回の数字がACTHでの検査であれば、強く疑います。

血液検査前のご飯は基本的にはオススメしません。理由として、他の検査への移行やご飯でストレスかけて数字がどのくらい変わるか?の検査をすることもあるので、オススメし難い理由です。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速に有難うございます。
アジソン病は難しいのですね。
クッシング病の判断の血液検査(外部に出す検査)とのことで、ACTH検査なのかわかりませんが、
1時間ほどあけて2度採血しました。
検査後の下痢で翌日、注射してくれた医師は、検査でホルモン剤を投与したので副作用かもとのことでした。ACTH検査でしょうか?
また電解質のバランス、定型、非定型があると言った説明もありません。
ただ、クッシング病でなく、アジソン病だった、ステロイドで様子見とのことでしたが、別の医師は、数値は悪くないから薬の服用も必要ないと言います。
薬はプレドニンです。
ですが、お腹空くと震えたり、また薬を飲むようになったら、軟便気味が便も良いのです。
体重も二週間で、2キロ以上落ちましたし、心配です。
この数値で問題ないのか不安です。

アジソン病のご説明をキチンと受けていらっしゃらないみたいなので、ご説明します。

アジソン病=副腎皮質機能低下症

→簡単に言うと、副腎皮質ホルモン(いわゆる、体の中で作られるステロイド)が(生死に関係するようなレベルから、トリミングレベルまで様々な程度の)ストレスに対して、体が放出できない為生じる問題

→病型が2つあって、副腎皮質ホルモンには糖質ホルモンと硬質ホルモンとあって、どちらが分泌されないか?または出る細胞が死んでいるのか?で病態が異なる

→定形型は2つともでないので、電解質バランスが崩れます。従って、血液検査で電解質を常に検査する病院では定形アジソンが見つけやすいので、クッシング(副腎皮質機能亢進症)と誤解することは極めて稀でないです。プラスで非定型と同じ検査所見で当たりをつけます。

→非定型のほうが、詐欺師typeで見たことがある獣医師からすると、歴戦の刑事さんのように可能性リストに上げますし、血液塗抹検査をルーチンにする病院やちょびっと高いレーザーサイトメトリー等の血球細胞を見る検査をルーチンで組み込まれていると、体調が悪いときにストレスパターンを呈するのですが、ものすごい下血に近いチョコレートみたいな下痢をしているときなどではそういう疾患を疑えますが、

残念なことに非定型アジソンの患者さんはストレスパターンを呈せません、なぜなら糖質ステロイドが出ないからです。

上でお送りしたのは、PCでご回答してるときに長くなりすぎると情報が落ちちゃって全部消えることがあるためと、

長いと伝えたい事が伝わらないので、前情報で、把握していてほしい情報となります。

それで、結論ですが、

>検査後の下痢で翌日、注射してくれた医師は、検査でホルモン剤を投与したので副作用かもとのことでした。ACTH検査でしょうか?

検査でデキサメサゾン刺激試験とか、そういった試験をすることもありますが、デキサメサゾンがアジソンの子で下痢をするよりもむしろ、診断精度を高めるために、急性期、アジソンで死にかけることがあるのですが、そのときにステロイドの補充に使える薬ですので、量化するので、多分ACTH製剤でしょう。

ただし、ホルモンっちゃホルモンですが、注射の副作用で下痢ではなくて、預かり検査でのストレスによる問題かもしれません。

本人が嫌だ〜!!!!って感じたことすべてが引き金なので、例えばお留守番はそこまでじゃないみたいですけど、ホテルとか、最悪手術とかの予定を組んだときには一週間前から増量していき、ご家族様が居ないときのストレスに耐えられる体つくりをしなければいけなくなります。

ステロイドの有無について

アジソンの治療方針として、本当は電解質の補充をきちんとしてという意味合いでは最初点滴きちんとすると落ち着くのですが(昔は電解質の機材が高かったので、普通に測定できなかったのもあります)、

すぐに悪化するとで二次とか三次とかの上の病院に紹介しても診断つかなくて、夜間でよく見つかるという落ちもあるのですが、

プレドニン=プレドニゾロンであれば、プレドニゾロンには弱い硬質と普通の強さの糖質の作用があるので、やらないよりか流行ったほうが良いというかステロイドの補充ではベストでしょう。

それで、落ち着かないならパーコーチンとかの硬質の補充をする方がいいですし、日本だとフロリネフだったかで出ているものを同時に使うことも多いです。

体重減少の理由は、他の理由があるかもですが、思いあたる所があれば、お知らせください

質問者: 返答済み 1 年 前.
19969;寧なご回答有難うございます。
大変、わかりやすかったです。
病院内では、実習生の医師の方もいるようなので、説明が不足になるのかもしれません。
体重減少は、最初の食欲不振と、
検査後の下痢(一晩に15回)の影響だと思います。
食欲増進があるので、別の獣医は薬の服用を止めるよういいます。
しかし、昨日、一昨日と留守番が長くなるので薬の感覚を少し短くしたところ、体調もよく、多飲多尿も少なめになったので、飼い主的には、薬は必要に感じます。
結局、様子見で再検査でしょうか?
薬に関しても種類があることも、今回の薬名も聞くまで説明がなかったので、別の病院にもかかってみようかとも思いますが、難しいですね。
また、狂犬病の接種時期ですが、さけた方がいいですか?
アジソン病と言った獣医は、接種しないよう言われましたが、
別の獣医はできたら接種するよういいます。
考えたら、毎年、3月、4月はひどい嘔吐と下痢の胃腸炎を繰り返し、下血状態もありました。
3月、4月がワクチンと狂犬病接種なので関係があるのでしょうか?
注射を嫌がったりはなく、また治療での注射は問題はないのですが。
とりとめなく、質問が増え、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

いえいえ、いつでも、相談してください

外来だと説明が長い、専門的すぎるというクレームしか来ないので、ここのサイトでのご回答するのは好きですし、本日休日なので。

食欲増進効果について

ステロイドだし、仕方ないです。申し訳ありません。だけど、ホルモンが出ないので補充してるわけですから、仕方ないですよね。

実際、アジソンの後ろに自己免疫があるとも考えられているし、この問題の発症に自己免疫が関係するとも考えられているので・・・

悪いことではないです。

甲状腺機能低下、糖尿病、犬だとこれらも自己免疫性と考えられていますが、全部併発という患者さんを診ていたこともあります。

ただし、時間を見てステロイドは少しずつ減薬は当然行い、通常使用量が0.5mg/kg〜4mg/kgくらいなのをコンマで言うともう一個低いところ0.05〜0.4くらいで投与するくらいまで下げられると良いのですがが目標になりますし、投与量を上げないと駄目なら上げると言う感じになり、そのへんはその子その子で違います。

結局、長くなる病気なので気長に1ヶ月位のタームで投与量を調整する方が、自分が担当医であればおすすめです。

予防接種については、やめましょう。ごめんなさい、簡単に回答でやめちゃえとしか言えず。

ワクチン自体でストレス受けるのであれば、今年はやめる、来年はきちんとステロイドの補充していてやってみるでいいと思います。

>考えたら、毎年、3月、4月はひどい嘔吐と下痢の胃腸炎を繰り返し、下血状態もありました。
>3月、4月がワクチンと狂犬病接種なので関係があるのでしょうか?

一応、犬には季節がある動物なので(年間2回の発情期が有るという意味合いで)、その季節の変わり目とかがストレスだったり、

暑さ、寒さが問題かも?なので、わかりませんが。

ワクチンも否定は出来ないです

blue_rose2017をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
36861;記で恐縮です。
餌についてですが、今までもお腹が空くと、ひどく吐いてしまうこともあり、餌は3回(1日の目安は気をつけています)あげていますが、
食欲旺盛、太りやすいのもあり、
1日一回で、足りないなら茹でた野菜をあげるよう指導を受けました。
ただ、やはり吐いてしまうし、最近は、食べものでお腹を下しやすいようなので(ビーフ系が合わなくなりました)、気になるところです。
また、アジソン病だとしたら、餌など気をつける点はございますか? よろしくお願いいたします。

全然問題ありません

むしろ、連絡遅れてすみませんでした。

食欲旺盛かつ、太りやすいこの場合、食事の回数は増やされる方が良いでしょう。

また、アジソンの基礎疾患に副腎の細胞への自己免疫=アレルギーが関与する話をしたと思いますが、

同様にして食事に対してのアレルギーが生じること、または生じていた可能性もあります。

従って、ご飯につきましては7歳ということも合わせましたら、ロイヤルカナンセレクトプロテインライトとか低分子プロテインライトなどのフードのほうが望まし場合があります。

気になるようでしたら、アレルギー検査でご飯の食べれるか、食べられないかの有無を調べる方法もありますが、それで食べられると出ても本人の体は受け付けないこともあるので、食餌についてはトライ・アンド・エラーで決めることが多いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;忙しいところ、すみませんでした。
フードも教えていただき、助かります。
色々とわからない点を丁寧なご回答いただき、有難うございました。
はじめての利用でしたが、大変質問しやすく心強かったです。
体調維持を考えて、気をつけていきたいと思います。
有難うございました。

いえいえ、いつでもどうぞ!

ネットの中ですが、もう1つのかかりつけ医と感じてもらえると幸いです

犬 についての関連する質問