JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 998
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

検査中に突然心臓が止まって亡くなりました。7歳3ヶ月ゴールデンレトリバー♂です。

ユーザー評価:

検査中に突然心臓が止まって亡くなりました。7歳3ヶ月ゴールデンレトリバー♂です。
今年の2月に皮膚型悪性リンパ腫と診断され、ホームドクターと相談の結果、この癌に効果がある、ロムスチン投与が出来る小動物がんセンターと連携を取って治療にあたることになりました。それまでのデータを持って、がんセンターに愛犬を連れていき、診療方針を決める為の検査をするため、愛犬をセンターに預け自宅に帰りました。
が、2時間後電話があり、血液検査と尿検査をしたあと、ケージに入れていたところ心臓が止まった と言われました。
癌を患っていたとはいえ、朝、元気にしていたのに検査中の急死 信じられません。
こんなことってあるのでしょうか。

リールちゃんのご家族様

急なことで驚きだと思います、ご冥福をお祈りします。

7才のゴールデンの場合、拡張型心筋症とか、気づかれていない不整脈なども考えます。

また、抗がん剤で他の種類のものを使われたりはされていませんでしたか??

質問者: 返答済み 1 年 前.
2月中旬に直径8㎝の腫瘍を切除し、3月中旬に小さい腫瘍が見つかったので、炎症をおさえるためにプレビコックスを処方され飲ませていました。
抗がん剤治療はまだ始めていません。8㎝の腫瘍を取る時に脈拍を調べましたが不整脈はみられませんでした。拡張型心筋症の事も、言われたことはありませんでした。

ご連絡遅れまして申し訳ありません。

ご連絡がありがとうございます

一緒に心臓の負担になる薬とかがあれば、こういう可能性があると伝えられるのですが、プレビコックスではあまり関係ないですね。

解剖等、死因を探す検査をしたいのだけどというような相談もお受けになられていて、検査をするとある程度は考えられます。

ただし、なくなってしまったあとの検査の場合、機能的検査ではなく、形態学的検査となる事が多いので、例えば心臓の機能の部分として拍出させるとか、リズム通り拍動すると言ったものを評価することが出来ませんが。

後は、可能性としてリンパ腫の場合、DIC予備軍的なところもありますので、腫瘍の数やサイズ、ステージによっては血栓を飛ばしたのではないだろうか??

とかとも考えることが出来ます

質問者: 返答済み 1 年 前.
blue_rose2017さん、ありがとうございます。
がんセンターの医師からは、「血が固まりにくい状態でした」と報告を受けました。
昨夜のうちに脳と心臓の解剖をしてもらい、本日、「心臓に異常がみられました。心のうに水がたまってました。発見されずにいた持病だったのか、リンパ腫の影響か検査していかないとわかりません」これから1ヶ月くらいかけて検査するそうです。これらの説明を受け納得せざるを得ませんでしたが、素人の私達相手にはなんとでも理由をつけることが出来るでしょうし、私達も医師に対して疑心暗鬼になっているので第三者の御意見を聞いてみたく、質問させていただきました。もう、リールは帰ってこないのに…「バイバイ、後でお迎えにくるね」と元気に別れた昨日が悔やまれてしかたありません。

元気に検査に出して、帰って来なかった無念さはすごくわかります。

獣医師の仕事をやっててあるのが、「まさか、こんなはずでは」なことがあるのは否定しません。

それも、長生きさせてあげたいからの検査でまさか…というのは腑に落ちないのも理解できます。

多分、埼玉の医療センターでの話だと思いますが、適切な回答は必ずしてくれると思いますので、腑に落ちないものについて、ご確認をされるのも1つかもしれません。

blue_rose2017をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問