JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1712
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

犬の膵炎の数値や治療について

ユーザー評価:

犬の膵炎の数値や治療について
質問者: 返答済み 2 年 前.
33205;炎になり入院中です。
2/3リパーゼ 1000 CRP 7,0
2/10リパーゼ 253 CRP 7,0
2/14リパーゼ270 CRP 4,0
2/15 嘔吐があり、炎症数値またあがりぐったりして首からのチューブより液体食事なし。担当の先生は、吐き気止めと点滴しかせず、炎症数値上がるとどんな薬入れてるのか説明なし。CRPが4,0になった時に退院させるように言われて、今の状況ではまた炎症数値上がるしと断り炎症数値が正常になるまで見てくださいと言いました。ダップは、ガリガリに痩せてしまいどうしていいのか分からず毎日不安の中面会に行ってます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。

ご質問ありがとうございます。

お電話での対応可能です。

atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

「個人の連絡先情報を入力」という場所に、ご連絡可能なお電話番号をご入力ください。
こちらから非通知にてお電話させていただきます。

こちらに返信ください?

質問者: 返答済み 2 年 前.
12371;んばんは。状況報告させて頂きます。
2/17(金)の夕方から、点滴入らなくなり、点滴外して少しストレス解消の為処置室で自由に。
2/18(土)ストレス解消の為、処置室で昼間は、自由に歩き回り、疲れたら布団へ自分で歩いて寝ている。昼に流動食後、嘔吐。その後、点滴と吐き気止め投与。夕方面会の時はぐったりして起き上がらず震えが止まらない。。夜から、ステロイド、阻害剤投与開始。
2/19(日)昼間面会時、震えが止まらない。抱き上げていると震えが止まっている。少し歩き回る。水を沢山飲んでいるとの事。うんちは、ウサギのうんちみたいで黒い。腸の炎症剤投与。ステロイド、阻害剤投与。帰り際に初めて吠える。数値は、高いまま。
2/20(月)昼間は、点滴外して自由にさせてもらい歩き回る。夕方面会。名前を呼ぶなり起き上がりスタスタと歩いて傍にきて抱っ子と言うので抱き上げたら安心している。うつろな目が少しパッチリしている様な感じです。朝ステロイド、阻害剤投与の為、点滴開始。担当医から、数値は、リパーゼ599 CRP6,9でステロイドの効力は、あまりみられない、炎症が慢性になっている。腸の動きがかなり悪い。治療も時間を要すだろう。うんちは、ウサギのように黒い。ストレスもかなり有るため一度外泊と言われて2,3日帰ってみましょう。外泊したからと急変は、無いでしょうと。明日夕方一度外泊させてみます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
28814;症が慢性になれば、ステロイドはあまり効力ないのでしょうか? 急性膵炎が、慢性膵炎になっていると言うことでしょうか?外泊で変化がなければ通院に変わるとどんな治療になるのでしょうか?

慢性膵炎というよりは、出血性壊死性膵炎などの非常に重度な膵炎であったり、腫瘍が原因となっている場合、敗血症を起こしているなどの可能性が残るかと思われます。

ステロイド使用でもほとんどCRPの値が落ちてこないというのは、上で挙げたようなかなり重篤な症状でしか起こりにくいと考えられ、比較的症状がマイルドで1ヶ月単位の経過の慢性膵炎であるとは少し考えにくいです。

通院治療の場合は、基本的には皮下点滴と吐き気止め、抗生剤の注射が主となります。

前回も少しお話しましたが、できれば抗生剤の種類変更は行っておいたほうが良いでしょう。

犬 についての関連する質問