ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 24268
経験:  精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本精神神経学会認知症診療医、日本臨床精神神経薬理学会専門医・指導医、日本総合病院精神医学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医・指導医、産業医、臨床研修指導医
107621047
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

おへその下回りに帯状の湿疹と思われるものができ、とても痒いです。皮膚科の医院で見てもらうと乾燥ほ皮膚炎とのこと。ヒルドイ

ユーザー評価:

おへその下回りに帯状の湿疹と思われるものができ、とても痒いです。皮膚科の医院で見てもらうと乾燥ほ皮膚炎とのこと。ヒルドイドソフト軟膏+マイザークリームを2回/日塗っていますが、だんだんひどくなり腹回り全体とわきの下、腕なども症状ができてとても痒いです。
アシスタント: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
質問者様: 当方72歳、合わせて糖尿病のお薬、ジャヌビア50mg+ロスバスタチン2.5+スーグラ25拡錠/1日、数値は12月の時6.6でした。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、皮膚科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特にないです。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。
電話相談の推奨はシステムからの自動表記のため、電話相談を希望されない場合は無視してください。

「だんだんひどくなり腹回り全体とわきの下、腕なども症状ができてとても痒いです。」

→ かなり広い範囲の皮膚症状と思います。

現在の処方に加え、かゆみが強い部分にレスタミン軟膏を使用する方法があります。

こちらは処方薬以外に薬局で購入できるものもあります。痒みが強い部分に薄く塗ってみる方法がよろしいと思います。

また、かゆみにはヒスタミン系の食材も影響します。マグロやサバなどの魚、乳製品はしばらく食べないようにした方がよろしいと思います。

ご不明、心配の点について記載ください。

他に不明の点はないでしょうか?
もし、追加質問がなく、終了する際には本回答への評価入力(画面右上の星印の数の選択)をお願いいたします。
評価を入力いただいても、追加料金などは発生いたしません。
追加質問があればご記載をお願いいたします。

マイナス評価とのこと、ご期待の回答が提示できず、誠に申し訳ありません。
ご質問にお答えしていましたが、どのような点がマイナス評価だったでしょうか?
ご不明の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12510;イナス評価とのことですが、そのようなことではなく私は、対処療養も併せて、原因これで治ったとしても今後又症状が再発するものなのか、痒いから掻く、そしてその行為が広がることになるのかなども知りたかったです。

申し訳ありません、「対処療養も併せて、原因これで治ったとしても今後又症状が再発するものなのか、痒いから掻く、そしてその行為が広がることになるのかなども知りたかったです。」

→ このような質問はこれまで記載されていません。「だんだんひどくなり腹回り全体とわきの下、腕なども症状ができてとても痒いです。」といったように状態のみが記載されていました。

このため、一般的な情報から記載していました。当方からの返信文中に「ご不明、心配の点について記載ください。」と記載させていただき、そのうえで4日間返信をお待ちしていましたが、その返信もいただいていませんでした。

具体的に質問を記載いただくと回答しやすくなります。

「今後又症状が再発するものなのか、痒いから掻く、そしてその行為が広がることになるのかなども知りたかったです。」

→ 帯状疱疹はウイルスが関連し、そのために症状が改善しても再発する可能性があります。免疫力低下やアレルギー機序が再発に影響するため、ビタミンDを多めにとること、また、アレルギーの有無についてできれば皮膚科で確認しておくことは重要と思います。皮膚症状がある場合は、前述のようにヒスタミン系の食事は避けたほうがよろしいと思います。

ご不明、心配の点について記載ください。

Dr わかをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問