ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 12108
経験:  dasdasd
107621047
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

WEB Dr わか先生に質問 2021/01/13 一昨日はありがとうございました。 一昨日に色々ご意見を頂いたDr

ユーザー評価:

WEB Dr わか先生に質問  2021/01/13一昨日はありがとうございました。
一昨日に色々ご意見を頂いたDr わか 皮膚科医先生に、数点質問が
があります。
下記に纏めましたので、回答を頂きたく、よろしくお願いをします。〇昨日のご意見に対しての質問、意見をください☆質問4点1、Dr わか 皮膚科医
「・炎症を抑えるためにステロイドを使うために、イトリゾールを併用せざるを得ない。
このような処置を1週間やってきましたが、どの程度の期間継続してよいのか、指示ください。」
→ ステロイドを使用している限りはイトリゾールの使用継続は必要と思います。
イトリゾールの使用期間に上限は考えず、使用した方がよろしいと思います。
質問1、 今まで多くの医者さんが、肝臓に悪いので期間を決めて使用と言われて
います。頂いた意見の理由を教えてください。
2、「ロコイドの継続使用の上限期間を教えてください。」
→ 継続の上限期間はありません。
質問2、他の医者はステロイドの長期使用を認めません。
上限がない、との根拠を教えてください。3、「ロコイドの上限期間を超えても炎症が収まらない場合は、
どのような処置をすればよいのでしょうか?」
→ ロコイドを長期使用し、状態が軽減していけば少しずつへらしていくことになります。また、コロイド単体の治療で効果がなければ、抗生剤の使用(内服)で対応できるか検討することになると思います。
質問3、抗生剤の使用(内服)とは、具体的に説明願います。4、非ステロイドでの治療薬で、お勧めがあれば教えてください。
*プロトピック軟膏(小児用)は、唇が荒れるため使用できません。
☆ご意見をお聞かせください。Dr わかDr わか 皮膚科医から以下の意見に対して「・炎症を抑えるためにステロイドを使うために、イトリゾールを併用せざるを得ない。
このような処置を1週間やってきましたが、どの程度の期間継続してよいのか、指示ください。」
→ ステロイドを使用している限りはイトリゾールの使用継続は必要と思います。
イトリゾールの使用期間に上限は考えず、使用した方がよろしいと思います。
「・上記のような」治療方法で完治しないならば、他の治療方法を教えてください。」
→ 炎症がおさまったらロコイド軟膏のみにして経過をみることになると思います。
「・また今朝から唇に、小さな白い発疹が3か所できたが、ロコイド軟膏を継続使用で
良いのか、カンジダを疑ってロコイド軟膏を中止するのが良いのか、指示ください。」
→ ロコイドは可能なかぎり継続した方がよろしいと思います。実は、先生の意見通りの処置を行った時があります。
・イトリゾールとコロイド併用で約2週間処置を行い、唇の状態が
安定し始めてきましたが、突如入浴後に唇と唇周辺が真っ赤に腫れました。
コロイドを塗り翌朝には落ち着きましたが、唇は2週間前の荒れた状態に
戻ってしまいました。
今からその理由を思うと、
①  料理中に生レモンを間接的に接触したのが影響した
(マスク・手袋着用していた)
ステロイドを塗っても痛みが取れないため、プロペトのみ3日間使用しました。
結果、唇が荒れステロイド使用、カンジダ発生と元の木阿弥になりました。
唇が赤く腫れたときにも、継続して先生のおっしゃるように、併用を継続すれば
良かったのか、他の対応方法があるのか、ご意見をください。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12377;いませんが、所用があり外出します。帰宅して再度アクセスをして、回答を読ませていただきます。よろしくお願いをします。湊

「料理中に生レモンを間接的に接触したのが影響した(マスク・手袋着用していた)ステロイドを塗っても痛みが取れないため、プロペトのみ3日間使用しました。結果、唇が荒れステロイド使用、カンジダ発生と元の木阿弥になりました。」

→ いずれの外用薬を使用しても刺激物に接してしまうと悪化すると思います。からいもの、柑橘系のものなどは病状部分が安定するまで(表面に被膜ができたようにみえるまで)は避けた方がよろしいと思います。
「唇が赤く腫れたときにも、継続して先生のおっしゃるように、併用を継続すれば良かったのか、他の対応方法があるのか、ご意見をください。」

→ 上記のように刺激物をさけて赤く腫れあがらないようにすることが基本ですが、腫れてしまったときは部分部分で外用薬を使いわける必要があるかもしれません。ロコイド軟膏は全体に薄く使用し、特に赤味の強い部分にはイトリゾールの使用が適しているように思います。

いずれの対応も、実際に診察しているわけではないため、できれは担当医からもご確認をお願い致します。

他に不明の点はないでしょうか?

質問者: 返答済み 6 日 前.
20808;生 4点の質問に回答がありません。すいませんが回答を待っています。

4、非ステロイドでの治療薬で、お勧めがあれば教えてください。

→ こちらは実際の診察がないため具体的薬剤名を検討することは難しくなります。

他に不明な点はないでしょうか?

質問者: 返答済み 6 日 前.
20877;度質問を表記します。
 → ステロイドを使用している限りはイトリゾールの使用継続は必要と思います。
    イトリゾールの使用期間に上限は考えず、使用した方がよろしいと思います。
    
質問1、 今まで多くの医者さんが、肝臓に悪いので期間を決めて使用と言われて
       います。頂いた意見の理由を教えてください。2、「ロコイドの継続使用の上限期間を教えてください。」
→ 継続の上限期間はありません。
   
質問2、他の医者はステロイドの長期使用を認めません。
     上限がない、との根拠を教えてください。3、「ロコイドの上限期間を超えても炎症が収まらない場合は、
どのような処置をすればよいのでしょうか?」
→ ロコイドを長期使用し、状態が軽減していけば少しずつへらしていくことになります。また、コロイド単体の治療で効果がなければ、抗生剤の使用(内服)で対応できるか検討することになると思います。  質問3、抗生剤の使用(内服)とは、具体的に説明願います。  4、非ステロイドでの治療薬で、お勧めがあれば教えてください。
   *プロトピック軟膏(小児用)は、唇が荒れるため使用できません。
質問者: 返答済み 6 日 前.
22238;答をお待ちします。湊
質問者: 返答済み 6 日 前.
20808;生 4の質問の回答は頂きました。質問1-3の返事をお願いします。

複数の質問が、本文中に混合しており、非常に申し訳ありませんが、端的に記載いただくと確認しやすくなります。よろしくお願いいたします。

質問1、今まで多くの医者さんが、肝臓に悪いので期間を決めて使用と言われて       います。頂いた意見の理由を教えてください。

→ 長期の服薬が肝機能障害を起こすことはあります。肝機能は定期的に確認して使用する必要があります。
質問2、他の医者はステロイドの長期使用を認めません。上限がない、との根拠を教えてください。
→ ステロイドの処方箋にそのような厳密な記載はありません。ただし、長期使用で副作用の危険性はますため、長期に使用することを避けるのが一般的です。

質問3、抗生剤の使用(内服)とは、具体的に説明願います。

→ 炎症が続けば抗生剤の内服を行うことは一般的対応です。どのような抗生剤を使用するかは病状によって検討されます。

Dr わかをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 日 前.
36074;問の回答をありがとうございました。やはり実際に診察を受けないと困難な点が多々あると再認識ました。多種な質問に答えて頂き感謝です。とりあえずここで終了とさせてください。湊

評価、ありがとうございます。

お大事になさってください。

皮膚科 についての関連する質問