JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
deruに今すぐ質問する
deru
deru, 皮膚科医
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 2490
経験:  勤務医
99857541
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
deruがオンラインで質問受付中

半年ほど前から頭がかゆくなり、検査の結果脂漏性皮膚炎と診断されました。フルフルシャンプーを使用したところとてもひどかった

ユーザー評価:

半年ほど前から頭がかゆくなり、検査の結果脂漏性皮膚炎と診断されました。フルフルシャンプーを使用したところとてもひどかったかゆみが少しは軽減されたのですが、その後はあまりよくならず、、、ステロイド、ニゾラール、食事制限とたくさんのことを試しましたがほとんど改善がみられませんでしたが、毎日必ず2,3本、多いときで5本ほど飲んでいたレッドブルというエナジードリンクをっ絶った所、かゆみがほとんどなくなりました。改善に向けていろいろ調べていたところレッドブルに関しては知恵袋などで特に2,3本は問題ないと書いてあったり、成分をみても特にあぶないものははいっ
てなかったような気がするのですが、レッドブル(エナジードリンク)のどの成分が原因でかゆみがでたのか細かく知りたいです。よろしくお願いします。皮膚科の先生、できれば脂漏性皮膚炎に詳しい先生にお答えいただけたらと思います。

質問ありがとうございます。

レッドブル(エナジードリンク)の成分を確認しましたが、砂糖類とカフェインが要因ではないかと思います。

この二つは脂漏性皮膚炎を悪化させる可能性があります。

100mlあたり11gもの砂糖類が含まれているそうです。

どのサイズの缶を飲んでいたのかわかりませんが、3~5本も飲んでいたのなら、相当な量の糖分をとっていたことになります。

糖質の代謝にビタミンが消費され、お肌を回復する方にビタミンがまわりません。

糖質は取りすぎると脂質になり皮脂が過剰分泌されます。

また、糖質は身体のあらゆるアミノ酸を細胞を老化(さびさせる)させます。これは最近注目されているのですが、糖のタグみたいなものが細胞についてしまうと思ってください。

糖質の過剰摂取(ジュースやお菓子)をやめると、皮膚症状が改善する脂漏性皮膚炎の方は多いですよ。

ちなみに、角砂糖1つは砂糖3~4gですから、レッドブルを1本にも満たない量のたったの100ml飲むだけで、角砂糖3つ分くらいの砂糖を摂取していることになります。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。自分は今19歳なのですが脂漏性皮膚炎になりやすい年齢というのもあるのでしょうか?そして今抗ヒスタミン剤のオロパタジンを飲ませてもらってるのですが、脂漏性皮膚炎には効きますか?後倍量で1回2錠を1日三回ほど飲んでても体に問題はなく量を増やすことでき
効いてるような気がするのですが、、、いくつも質問すいません。山本先生本当にありがとうございました。また困ったときに利用させていただきます。

脂漏性皮膚炎は、新生児から生後3か月くらいまでの赤ちゃんと、思春期以降の成人に多く、赤ちゃんでは自然治癒することが多いのに対し、成人では慢性化するケースが多いです。どの年齢でも幅広く起こりえる疾患です。

男性ホルモンは皮脂分泌を促進することから、脂漏性湿疹の患者は男性が多いといわれています。

原因について皮脂分泌過剰や、主にマラセチアという真菌(カビ) の存在が関係していると言われています。マラセチアは、人の皮膚の常在菌ですが、皮脂が多い環境下で異常増殖すると、その代謝物が肌に炎症を引き起こすと言われています。そのような環境を起こしやすい要因として、ストレス、偏った食事(糖質過多やビタミンBの不足)、洗顔や洗髪のすすぎ不足、生活習慣の乱れなどがあります。

抗ヒスタミン剤は、脂漏性皮膚炎を根本的に治療するお薬ではなく、脂漏性皮膚炎の痒みを抑える、対症療法(根本的に病気を治すものではなく今ある症状をとる治療)というものになります。

主治医の指示なく2倍量にするのはやめておいた方がいいです。肝障害の副作用が出やすくなります。

効果が低いと感じるなら、より効果の強い抗ヒスタミン剤に変更してもらってください。

食事では、ビタミンB群を多く含む食品(レバー、しじみ、牛乳、卵、 ほうれん草、トマト、キャベツ、シイタケなど)を積極的にとるようにしてください。

避けるべき食材としては、皮脂分泌を高めたり、 皮膚に刺激をもたらす、脂肪、糖分、コーヒー、アルコール、香辛料などになります。レッドブルは避けるべき成分が多く含まれています(糖分、カフェイン)。

以上、提出された質問にはお答えしましたので、回答に対する★の数の評価をシステム上からお願いします。

追加で質問があれば返信機能を利用されてください。

追加で質問がなければ、回答に対する★の数の評価をシステム上からお願いします。

回答の評価方法については下記のヘルプを参考にされてください。

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-do-i-rate-answer-hl

deruをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問