JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yyamamotoに今すぐ質問する
dr-yyamamoto
dr-yyamamoto, 皮膚科医
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 1067
経験:  勤務医
99857541
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
dr-yyamamotoがオンラインで質問受付中

昨年12月1日にヘルペス発症し、腰の肉離れを思い込み、整形外科受診、湿布薬を勧められ、症状悪化し皮膚科でヘルペスと診断(

ユーザー評価:

昨年12月1日にヘルペス発症し、腰の肉離れを思い込み、整形外科受診、湿布薬を勧められ、症状悪化し皮膚科でヘルペスと診断(左尻尾骨付近から左足指先まで、痛み、足裏全体はしびれ)、抗生物質投与と塗り薬を投与されましたが、約1ヶ月後、再発し、抗生物質(7日)投与され、更に抗生物質(7日)続いて投与、軟膏テラジアパスタ、メチコバールを投与、リリカを痛み止めで服用しました、運転中、無意識に反対車線にはみ出るなどが出てリリカ服用を中止。今は軟膏塗り薬は不要とのことで、メチコバールのみ服用。しかし、尻下部と太ももの痛みが激しく、ペインクリニックに行こうかと思い悩んでいます。もう3ヶ月で歩くにも難儀しまたかゆみもあり、皮膚科では1日おきに光治療を受けていますが改善しているように思いにくく、今後、どうしたらいいのか悩んでいます。

ペインクリニックに行くのはどういった理由でお悩みですか

質問者: 返答済み 1 月 前.
30382;膚科医師からヘルペス後遺症の座骨神経痛のため、痛みが続くので、痛み軽減のためペインクリニックへ行くことを勧められました。

はい、ですから、医学的には是非ペインクリニックには行くべきなのですが、行くかどうか思い悩んでいるとのことですので、何か行けない理由があるのかと思いまして、何を理由に悩んでいるのかという質問です。

質問者: 返答済み 1 月 前.
65297;/6から3週間、ほぼ隔日にブロック注射を受けましたが、全く改善せず痛みが軽減されませんでした。その間、再発して抗生物質投与を受けましたが、再度、ペインクリニックの同じ医師のブロック注射をうける気がしないため、迷っている。

ペインクリニックに行くか迷っている理由は上記承知いたしました。

神経ブロックは非常に有効な治療である一方、効果がない方も確かにおられます。

ただ、ペインクリニックは神経ブロックを行うだけのクリニックではなく、痛み全般についての専門治療を行うところですので、受診するのは望ましいと思います。

リリカは使用できないということですが、他にも帯状疱疹後神経痛に使用できる痛み止めの内服薬はいくつか種類がありますので、それらの薬を組み合わせて痛みを取る工夫をしてくれると思います。

帯状疱疹後神経痛に対する第一選択薬は、

Caチャンネルリガンドと呼ばれるリリカを含めたお薬と、その他には三環系抗うつ薬(ノルトリプチン、アミトリプチン、イミプラミン)になります。
これ単独で効果がない場合は、ノイロトロピンというお薬を加えます。

さらに上記で効果がない場合は、第二選択薬としては、SNRIという種類の薬や抗不整脈薬のメキシレチンを使用します。

それが無効な場合は、第三選択薬としては、オピオイド(麻薬性鎮痛剤)を使うことになります。

鎮痛薬以外の治療となると、心理療法や、理学療法(リハビリ)になります。

帯状疱疹後神経痛は、痛かった時の痛みの記憶の要素や、長引くにつれストレスが増えて心因性の要素も増えてきますので、心療内科や精神科の治療を併用することは有用と言われています。

また、理学療法では、痛みで動かす機会が減って筋力低下や関節可動域が低下してしまうことを防ぐために行います。

理学療法に対する補足ですが、血流改善目的に近赤外線やキセノンランプなどを痛い部位に照射する理学療法を併用することもあります。血液の流れが良くなることで弱った神経に栄養や酸素が供給され、痛みを緩和させると考えられています。

日常生活の工夫においては、血液の循環をよくするためにシャワーではなくしっかり入浴したり、温泉に出かけたり、冬や夏でも冷房で患部を冷やさないように保温したり、患部に刺激を与えないようにオーガニックコットンなどやわらかい素材の下着にしたりが考えられます。

あとは、短期間の間に帯状疱疹が再発しているようですが、通常はなかなかないことです。

免疫力を低下させるような基礎疾患、例えば糖尿病をお持ちでしたら、こちらの状態を良くすることで、痛みが多少改善される可能性もありますので、糖尿病の検査はされたことがなければ一度検査をしてもらってもいいのではないかと思います。

脊髄硬膜外電気刺激法は、発症後1年以内でしたら効果がある方もいますので、ペインクリニックでこちらについても相談されてみてください。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12372;丁寧な指導ありがとうございました。実は今お世話になっている皮膚科医師は質問すると不機嫌になり答えてくれないことが多く、上記の薬については、ペインクリニック医師への質問になると思いますが、それでいいでしょうか? 軟膏テラジアバスタを塗っていましたが、塗らなくていいということで、かゆみがありますが、今は何も塗っていません。それでいいのか、よくわかりません
また、椅子に座れない状況が続き、仕事ができない状態で、会社から入院してでも早く直せないのかと言われています。そういうことは可能なのでしょうか?

>上記の薬については、ペインクリニック医師への質問になると思いますが、それでいいでしょうか?

→それでいいと思います。鎮痛の専門家に相談する方がいいです。

>軟膏テラジアバスタを塗っていましたが、塗らなくていいということで、かゆみがありますが、今は何も塗っていません。それでいいのか、よくわかりません

→抗菌剤ですので、痒みには何の効果もありません。耐性菌をつくるだけなので、ジュクジュクした部分がないなら塗る必要は全くありません。

(ヘルペスはウィルスです。質問者様が随所に記載している抗生剤内服というワードはは、抗ウィルス剤内服の記載間違いだと思っていますが、ウィルスに抗生剤(抗菌剤)は効きません。ただ、ジュクジュクした部分で細菌による二次感染を起こしている場合は使用することがあります。)

>会社から入院してでも早く直せないのかと言われています。そういうことは可能なのでしょうか?

→そういうことを受け入れてくれる病院は私の知る限りでは存在しません。ペインは基本的に病棟を持たず外来だけの診療科ですので、入院は無理だと思います。

質問者: 返答済み 1 月 前.
20877;発は通常ないとのことですが、普段、服用しているのは、前立腺肥大のためのユリーフだけです。糖尿病などの生活習慣病は正常でこれまで一度も異常と診断されたことはありません。かゆみが残っているのは、塗り薬がまだ必要ということでしょうか?

かゆみが残っているのは、帯状疱疹後掻痒症という、後遺症です。

塗り薬は必用ありません。帯状疱疹自体は既に治っています。

帯状疱疹後疼痛の治療で改善することがありますので、ペインクリニックで相談してください。

質問者: 返答済み 1 月 前.
30340;確なご指導ありがとうございました。明日にでも、別のペインクリニックを受診しようと思っています。

お役にたてておりましたら幸いです。

最後に、回答に対する★の数の評価をシステム上からお願いします。

(未評価のまま終了されますと、回答者にはサイトから報酬が支払われない仕組みになっております。)

dr-yyamamotoをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問