ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
山本弁護士に今すぐ質問する
山本弁護士
山本弁護士,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 615
経験:  Expert
115060218
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
山本弁護士がオンラインで質問受付中

担当の弁護士を訴えたいのですが、そういった対応ができる弁護士さんはいるのでしょうか アシスタント:

ユーザー評価:

担当の弁護士を訴えたいのですが、そういった対応ができる弁護士さんはいるのでしょうか
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 私は東京ですが、父が再生手続きを高知県で行なってます
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特にはありません。これは全国ですか、それとも関東の弁護士さんになるんでしょうか
弁護士の山本です。関東に限らず、全国各地の専門家がこのサイトに登録しております。弁護士を訴える事案を受けることも、弁護士の業務として当然ありえます。私自身も、預り金を着服した弁護士相手に、訴訟を行ったことがあります。訴えたい内容を具体的に教えてください。
質問者: 返答済み 5 日 前.
39640;知県で父に借金があり個人再生を弁護士に依頼しました。去年の5月ぐらいだったと思います。住宅ローン込みで3500万ほどの借金がありましたが、話をすると月額8万ほどでできそうだとのことで着手金を払いお願いしました。その後2ヶ月ほどして母家が離れた場所にあるとことで精算価値が上がり金額が増えました。そこまでは納得できますが、今年2月に裁判所に提出後に、事業で支払ったメーカーへの仕入れ代が偏頗弁済にあたるとのことでさらに精算価値が増え当初言っていた金額の3倍ほどになりました。対応も遅くその間払った住宅ローンの支払いで月々で再生金額は増えて行って我々は事前に偏頗弁済なるものを知らなかったので納得できなと伝えたのでが弁護士はお構いなしで対応を進めました。その後開始決定はスタートしたものの、一昨日裁判所から廃止決定が出たとのことで連絡が来ました。資料提出に不備があるとのことでした。私は偏頗弁済で債務が増えたところから不信感を抱いており、弁護過誤ではないかと思っており、父と憤っております。弁護士からとにかく事前説明や連絡がないのと対応が遅い、当初聞いた際には私の中で破産を視野に入れてましたが、父が事業を続けたいとの思いでやってますが、正直家族とも疲弊してます。現在は高知裁判はダメになったので高松地裁へ今度は提出するとのことを聞きましたが、本当に最低の弁護士です。訴えて損害賠償できないものかと思いながらどの人に相談をすればいいのかと悩んでました。一度高知の別の弁護士に有料オンラインで聞いて見たところ、判例がないのと高知は狭いとこなんで、別の県で聞いてみたらと言われてしまい落胆しました
偏頗弁済にあたるかどうかは、委任を受けて、資料が整い、精査した上でなければ判断できない場合もあります。判断が明らかでない場合に、偏頗弁済でないとの弁護士の判断のもとに裁判所に申立て、裁判所が厳しい判断で偏頗弁済にあたると認定される。この場合には、弁護士の過失なるものは認められ難いです。本件での弁護士の業務の詳細は分かりませんが、弁護士の債務不履行が認められるか否かは、結構難しい判断になりそうです。加えて、損害賠償を行うに際しての、「損害」はおそらく弁護士に支払った弁護士費用が上限になるものと思われます。
弁護士の過失行為によって、債務の総額が増えてしまったのであれば、その増加分は損害といいうるでしょうが、清算価値が上がってしまった分は損害とはいえないからです。
弁護士に対して損害賠償請求訴訟をすることはかなりハードルが高いです。
そのため、弁護士費用の返還を求める紛議調停の申立て、ないし、弁護士会に対する懲戒請求を行う、というのが現実的であると思われます。
質問者: 返答済み 5 日 前.
29238;の事業が自転車バイクの二輪業で業務は継続しないと生活ができないで支払い関係は継続しなければならないわけでもっとスピーディーに進めれなかったのか、事前に把握できなかったのかが疑問です。
裁判提出までで仕入れ代が500万ほどでています。
弁護士へは113万を支払っているので、支払った金額だけでも返してもらいたいし、対応の悪い弁護士の犠牲者を出したくないのでなとか訴えたいなと感じます。勝訴する可能性はうすいでしょうか?
質問者: 返答済み 5 日 前.
26481;京でもし対応できる弁護士さんがいるようでしたら、有料でも相談したいです
民事訴訟を提起するよりも、弁護士会への懲戒請求の方が、「犠牲者を出したくない」というお考えに沿います。こちらはQ&A形式の質問のみのサイトとなっており、弁護士が委任を受けたり、弁護士を紹介をしたりすることは規約上禁止されております。
ご理解いただけますようお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 5 日 前.
25105;々素人がこういったケースで弁護士さんを探すとしたら何担当の方を調べたらいいですか。やはり事前メールや相談だと渋りますし、ネットで調べても出てきません。
懲戒請求は、弁護士が代理人でなくとも、お父様ご本人のみで行うのが通常です。田舎の狭い弁護士会会員同士ですと、仲間相手に訴えるみたいな面があり、代理人を受けてくれる弁護士はほぼいないと思われます。
しかし、懲戒請求の書面作成だけを依頼するとすれば、弁護士の名前はでないため、受けてくれる弁護士はいると思います。
電話とネットで代理業務を受任してくれる弁護士を探すのは至難です。
質問者: 返答済み 5 日 前.
24321;護士費用の返還を求める紛議調停の申立ても個人でできますか?弁護士会へ直接訴えればいいんでしょうか
その通りです。
調停委員は弁護士が担当しますから、同じ弁護士の目線で、第三者的立場から検討してくれます。
質問者: 返答済み 5 日 前.
26368;後になりますが、現在は別の高裁に今度は資料提出して、無理なら破産となりますが、今の時点で訴えても問題ないでしょうか
今申立てをすると、弁護士としては委任契約を解除するでしょうから、業務が停止してしまいます。
他の弁護士に、再生ないし破産を依頼するのであれば、今申立てても問題ないでしょう。
山本弁護士をはじめその他6 名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 日 前.
12431;かりました。

刑事告訴・告発 についての関連する質問