ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2514
経験:  所長
64397026
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

こんにちは アシスタント: こんにちは、どういった事でお困りですか? 質問者様: 子どもが、刑事事件起こして

質問者の質問

こんにちは
アシスタント: こんにちは、どういった事でお困りですか?
質問者様: 子どもが、刑事事件起こして
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 警察庁から贖罪寄付するように言われました 個人でやってもいいでしょうか
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 寄付だけなので弁護士雇わなくても良いですか
投稿: 13 日 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  dai60962000 返答済み 13 日 前.

ご質問いただき、ありがとうございます。

贖罪寄付は、罪を犯した事実について「深く反省している」という意思を示す効果があり、情状面で有利にはたらきます。
反省の弁なら、警察や検察官の取り調べや刑事裁判の場でも述べることが可能ですが、言葉にするだけでは反省の程度は伝わらないでしょう。しかし、金銭的な負担を受けてでも行動で示せば、検察官や裁判官から「反省している」との評価が得られる可能性があるわけです。
贖罪寄付をすると、寄付を受けた団体・機関から「贖罪寄付証明書」が交付されます。検察官が起訴・不起訴を検討している段階でこれを提出すれば、検察官が不起訴処分を下す材料となり得ます。また、すでに起訴されて刑事裁判の被告人となってしまった段階でも、裁判官に提出することで、情状面で有利にはたらき、量刑が減軽される可能性があります。

今回は少年審判ですから、弁護士なしでも大丈夫でしょう。

刑事告訴・告発 についての関連する質問