ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 6781
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

お世話になります。

ユーザー評価:

お世話になります。
息子の共同経営の相手方のSNS(インスタグラム)のストーリーに、息子のアカウントを載せて詐欺師やシャブ中やと書かれてました。
名誉毀損で告訴したいのですが、息子と警察へ行って写真を見せて捜査をお願いしましたら、捜査できないと言われました。
本当に告訴は無理なのでしょうか?
相手方に対して何も出来ないのでしょうか?
(添付に書いてある文章で、店の解約はしていません。)

ご質問、ありがとうございます。

貼付資料、拝見致しました。

なぜ警察が事件化しないのかの理由は分からないのですが、広く世間一般的に、個人を特定できる要素(フルネームとか)が記載されていないため、名誉棄損としては扱えないのかも知れません。

ただ、先の業務上横領の件もあります。

弁護士への依頼をご検討なさってみてはいかがでしょうか。

弁護士であれば相手方の戸籍の附票や住民票を取り付け、現住所を調べ持ち逃げした事業資金の返還を要求することもでき、また警察でも、専門職を通じた方が被害届を受理して貰え易くなります。

一度、ご検討ください。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

「名誉棄損・弁護士」「業務上横領・弁護士」などのワードで検索すれば、お住いの地域でこのような案件を得意となさっている弁護士の事務所や先生のホームページが表示されるかと。

その中から信頼できそう、実績がありそうなところへ、まずはメールや電話で、料金面も含めて問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

(大変申し訳ありません、当サイトは質問サイトであり、直接の案件受任及び専門家の紹介を行っておりません。悪しからずご了承ください。)

また何かありましたらお声掛けください。

刑事告訴・告発 についての関連する質問