ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 3028
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

私達は3人兄弟で父親から相続でマンションを所有しています。長男が無断で鍵を変えてしまいました。相続で揉めて、遺産分割が出

質問者の質問

私達は3人兄弟で父親から相続でマンションを所有しています。長男が無断で鍵を変えてしまいました。相続で揉めて、遺産分割が出来ていません。マンションが建替される事になり、建替組合が設立されました。
私達は建替に賛成するかしないか意思が統一されないので、無効票で立替反対の立場になりました。
組合弁護士に、鍵を変えられたままにしておいて問題ないか聞いたところ、兄弟間の争いが深まるのでそのままで良いと言われました。建替側弁護士はその後、明け渡しの仮処分を私達に内緒で長男にのみして、私達の知らないまま裁判所に認められ、室内の荷物を出され処分されました。
建物も解体されています。
相場とはかけ離れた金額で売り渡すよう裁判を起こされました。相手側弁護士は長男が占有していても私達は鍵を解けば占有を解く事が出来るにも関わらず、それを言わず、占有状態を利用しました。
私は相手弁護士に重要な事を隠されて、騙されて財産を取られたと思っています。
建替無効にしたり、損害賠償を求めたり、立替組合と相手弁護士を詐欺で訴える事は可能でしょうか?
弁護士との会話は録音してあります。
投稿: 18 日 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  JustAnswerサポートチーム 返答済み 16 日 前.
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。
専門家:  khyh1709 返答済み 14 日 前.

大変お待たせいたしました。弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

相手の弁護士は、おそらく、所有権に基づき、占有者に対して、明渡の訴訟をしたのでしょうね、

法的には、所有者が、占有者に対して、明渡の請求をすることも可能ですから、この点で相手の弁護士を訴えていくのは難しいと思います。

弁護士の説明が不適切なところはあったとして(誠実な弁護士だとは思えないところは確かにありますね)、

その点は、懲戒請求などの弁護士の処分を求めることは可能だとは思うのですが、

それを詐欺といえるかどうかは、それによって弁護士自身が利益を得たことが必要になりますが、

(確かに弁護士報酬を得ているかもしれませんが)その当たりの立証が難しいかなとは思います。

もっとも、取り壊しについては、本来、相続人全員の同意がなければならないところですが、ここは勝手に壊されてしまったわけですね。

この点は、これに長男が応じたのだとすると、長男に対する損害賠償請求、ということになります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12362;世話になります
今回の建替は建替円滑化法を利用されるました。長男は抵抗しました。
今は私達3人に明け渡し請求の裁判を起こされています。
専門家:  khyh1709 返答済み 12 日 前.

そうすると、まずは裁判への対応も必要になるわけですが、

その前提としての明渡請求の根拠ですが、

今回はマンションなので、全体的な決定として建て替えになったのだから明け渡せ、ということでしょうか。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12362;世話になります。マンション建替円滑化法を利用されてしまいました。
マンションを地上げする業者に過半数買い取られてしまいました。建替組合の理事長です。
専門家:  khyh1709 返答済み 7 日 前.

なるほど、そうなると、その決定自体を争うのは難しいようですね。

となると、明渡はやむを得ないところになりますが、

それとは別途で、鍵を変えた長男と争う、という方向を検討することになるのではないでしょうか。

刑事告訴・告発 についての関連する質問