ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2976
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

盗撮で在宅捜査中の者です。警察の取り調べは二回目を終了しました。とことん反省し、正直に全て話しています。

ユーザー評価:

盗撮で在宅捜査中の者です。警察の取り調べは二回目を終了しました。とことん反省し、正直に全て話しています。
取り調べが終わり次第、会社に出向き、その日受けた取り調べについて話すようになっています。
前回は、参与や本部長など、四人がかりで取り調べのようなことをされました。
その際、損害賠償も考えているといわれました。百万、二百万では済まない。千万単位で考えておくようにと言われました。
正直なところ、そんな大金は用意できそうにありません。盗撮は初犯です。会社に対して申し訳ないのは重々承知ですが、そこまでの責任を負わねばならないのでしょうか。
また、契約社員のせいか、退職もさせてくれません。できれば諭旨免職にしてほしいのですが、話すらありません。
少しでも早く、働きたいのですが、私はこのまま起訴が決まるまで停職の身でいなければならないのでしょうか。
もしも、損害賠償を請求されたら、家族とは縁を切り、その上で自己破産をしようと思っています。

こんばんは、ito-gyoseです。

盗撮の慰謝料相場は20~30万円程度と言われており、100万円を超えることすら稀でしょう。

ましてや千万単位など、有り得ません。

盗撮事件の慰謝料相場について↓

https://haruta-lo.com/column/tosatsu-7/

また、雇用の期間を定めた雇用契約を結んでいる場合には、民法の規定に従って契約の当事者である会社と労働者の双方ともこの契約を履行する義務を負い、契約を途中で解除することを制限されていますが、ただしその場合でも、労働者と会社のいずれかに、契約を継続するのが困難となる「やむをえない事情」が生じた場合には、双方の合意によって契約を解除することができることになっています。

ここでいう「やむをえない理由」とは、労働者本人が病気やけがなどで業務を続けられなくなったときや、家庭の事情で転居し、通勤が不可能になったときなども含まれます。

現状、まだ警察での取り調べも続く状態であり、やむ得ない事情に相当する状況であると思量します。

会社宛に辞表を提出し退職を通告しても宜しいのではないでしょうか。

質問者: 返答済み 10 日 前.
20250;社側は私に対して全く信頼を置いてないのは確かですので、退職を願い出ようとは思うのですが、在宅捜査の段階とはいえ、犯罪を犯し、会社に損害を与えたままで退職できるのでしょうか。訴えられたりすれば、確実に負けると思うのですが。

ご返信、ありがとうございます。

会社の損害というものを立証する責任は、会社側にあります。

ご相談者様が会社に放火したり、全ての取引先にこの事件が知れ渡り大損害を被ったなどという事態でない限り、果たして会社にどんな損害が発生しているのか。

正直、被害を受けた個人にのみ、慰謝料を支払えばそれでいいのではと思量致します。

ito-gyoseiをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
36820;信が遅れまして申し訳ありません。退職する方向で動きます。ありがとうございました。

こちらこそご質問、ありがとうございます。

ご相談者様は充分に罪を悔いて、反省をなさっています。

少しずつでも新しい未来へ進むことを、心からお祈り申し上げます。

刑事告訴・告発 についての関連する質問