JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2538
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

きぶ, 札幌, 小額訴訟で加害者の親の住所しかわからない場合

質問者の質問

きぶ
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 札幌
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 小額訴訟で加害者の親の住所しかわからない場合
投稿: 17 日 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
質問者: 返答済み 17 日 前.
22120;物破損で被害届出したが証拠不十分と言われてます。加害者は自白してます。
専門家:  khyh1709 返答済み 17 日 前.

弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

被告の住所が分からない、ということですが、

少額訴訟などの訴訟を起こす際に、被告の住所地に訴状を届けることになりますので、

少なくとも、その親の住所地費に被告もいるとか、そういう状態が必要です。

分からないとなると、弁護士に相談して、住民票、戸籍謄本を取り寄せて調べるか、

あるいは、刑事事件の記録の閲覧の申請をして、記録を直接見てみるか、です。

質問者: 返答済み 17 日 前.
21009;事事件の記録の閲覧とはどこでどの様にされるんでしょうか?
また弁護士に依頼となると金額はおいくら程でしょうか?
専門家:  khyh1709 返答済み 17 日 前.

検察庁に記録の閲覧を申請することになります。

弁護士に依頼して調査となると、その後の少額訴訟も委任する、という前提で、5万から10万円程度かと思います。

質問者: 返答済み 17 日 前.
26908;察庁に記録の閲覧を申請すると前科なしでも必ず出てくるんでしょうか?
質問者: 返答済み 17 日 前.
22240;みにまだ被害届出したばかりです。
専門家:  khyh1709 返答済み 17 日 前.

記録の閲覧は、前科等は関係がありません。自己に関する情報として閲覧請求するものです。

ただし、すべてを開示されるかどうかは分かりません。我々弁護士でも、すべては開示されないことがあります。

なお、捜査中、であれば、記録は開示されません。罰金や不起訴など、何か結論が出れば、閲覧可能になります。

質問者: 返答済み 17 日 前.
20107;件現場が親の住んでる所なので親の住所で大丈夫な気がするんですが。
質問者: 返答済み 17 日 前.
28155;付ファイル (774517L)
質問者: 返答済み 17 日 前.
12459;メラに写ってた犯行です
専門家:  khyh1709 返答済み 17 日 前.

画像からはよくわかりませんでしたが(人が動いたのはわかりましたが)

親の住所地にいるようなら、そこを被告の住所地として進めることができます。

その住所地で提出してみて、裁判所からの訴状が届くかどうか、届けば裁判がはじまる、ということになります。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12505;ビーカーを蹴飛ばして倒してます
質問者: 返答済み 17 日 前.
19975;が一強制執行になる場合親の住所でも何ら問題になりませんか?
専門家:  khyh1709 返答済み 17 日 前.

すみません、人が動いてくるのは確認できましたが、ちょっと横を向いているときでしょうか。

ポイントは、被告が、そこにいるかどうかです。そこで被告が受け取るなら、それでいいのですが、

裁判所からの書面を受け取らない場合、裁判所から、居所の調査を求められます。

そこにいるのか、調査して報告することになるのですが、

親の住所地にはいないとなるとそれはまずいです。

質問者: 返答済み 17 日 前.
35686;察には自白してますがこの画像では起訴まで難しいでしょうか?
専門家:  khyh1709 返答済み 17 日 前.

起訴するかどうかは検察官の判断ですが、これでも証拠不十分といわれているわけですよね?

この画像だけで明確に映っているというわけではないということと、自白以外のそのほかの証拠が乏しいからではないでしょうか、

そもそも器物損壊は比較的軽微な犯罪なので、起訴されて裁判となる事案自体が限られています。

ですから、本件の状況では必ず起訴されるとまではいえないのではないかと思います。

刑事告訴・告発 についての関連する質問