JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 45
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

こんばんは。民事での暴行事件で損害賠償請求(55万円)を受けています。簡易裁判所での2回目の答弁呼び出しがあったのですが

質問者の質問

こんばんは。民事での暴行事件で損害賠償請求(55万円)を受けています。簡易裁判所での2回目の答弁呼び出しがあったのですが、原告の弁護士や裁判所から1回目に自分が提出した答弁書(争う内容)に対する反論書が届いていません。2回目の呼び出しには何も提出せずに犠牲陳述しても不利になることはあるのでしょうか。対応についてアドバイスをいただけますでしょうか。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 北海道です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 刑事で10万円の罰金を支払い済みです。相手は2、3日の怪我のため、暴行扱いとなりました。55万円の請求に対し、怪我の程度が軽いことと、トラブルの原因が相手側にあることを主張し、暴力に訴えたことを反省を示した上で、請求額が見合わず支払いに応じる気にならない、という内容で答弁書を出しました。他の弁護士に相談したところ、同程度の事件ですと10万円程度が相場であり、その判例も資料としてコピーをいただきました。判例の額については主張すべきということでしたが、まだそれについては裁判所に提出していません。今回の呼び出しで提出すべきでしょうか。犠牲陳述で済ませたい理由は、示談の意思がないことと、仕事の出勤日のためです。
投稿: 9 日 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  JustAnswerサポートチーム 返答済み 8 日 前.
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート( info@justanswer.jp) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。
質問者: 返答済み 6 日 前.
もう結構

刑事告訴・告発 についての関連する質問