JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2728
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

私は,とある弁護士(前法定後見人)の数々の不当行為(暴言と虚偽)について,マスコミに取り上げてもらい,後見制度の改善に寄

ユーザー評価:

私は,とある弁護士(前法定後見人)の数々の不当行為(暴言と虚偽)について,マスコミに取り上げてもらい,後見制度の改善に寄与したいと考えています。
ついては,当該弁護士の不当行為の概要(記者発表資料)を作成し,法務省の記者クラブ(幹事記者)に働きかけるのがいいのでしょうか?
他に,最善の方法があったら,教えてくださるようお願いします。
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。

回答者tzx75が対応させていただきます。

暴言と虚偽は、後見制度の改善もあるでしょうが、個人的な人間性の問題でもあるでしょうから、弁護士会への懲戒請求も一つの方法ではないでしょうか。

専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2728
経験: 労働基準監督署長 at 厚労省
専門家287tzx75をはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問