JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1404
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

道路工事で何の連絡もなしに私有地の外構アスファルトを破壊され、同部位を掘削されてしまいました。(表面積40m×0.3m、

質問者の質問

道路工事で何の連絡もなしに私有地の外構アスファルトを破壊され、同部位を掘削されてしまいました。(表面積40m×0.3m、深さ2m)
いくら公共工事でも通常あり得ないお話かと思いますが、刑事責任は問えますでしょうか?
ご教示お願い致します。
投稿: 8 日 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 7 日 前.

あなたの所有権に基づく物権的請求権(妨害排除請求、返還請求、妨害予防請求)の行使により原状回復又は金銭賠償を行うほかないと思います。

刑事責任は不動産侵奪罪(刑235条の2)に問えるかどうかですが、イ 不動産とは土地及びその定着物をいうが、外構はこれに当たるも、ロ 「侵奪」とは他人の占有を排除して不動産上に行為者自身又は第三者の占有を設定することをいうが、本件行為はこれに当たらないため、同罪に問疑するのは難しいと思います。

質問者: 返答済み 7 日 前.
20206;に現行犯でも住居侵入や建造物損壊等の罪には該当しないということですね?
同行為を相手方に対して行ったとしても刑事責任は問われないということですね?
補修歴のないアスファルト外構の場合、原状回復=破損部位の修復だけではなく全面張り替えということになるかと思いますが、そういう考え方でよろしかったでしょうか?
専門家:  kionawaka 返答済み 7 日 前.

>同行為を相手方に対して行ったとしても刑事責任は問われないということですね?

→これは自力救済といいますが、緊急避難の場合を除いて、民法は自力救済を禁止しているので、みやみやたらとしないほうがよいでしょう。

>補修歴のないアスファルト外構の場合、原状回復=破損部位の修復だけではなく全面張り替えということになるかと思いますが、そういう考え方でよろしかったでしょうか?

→そうです。それで相手方の費用で行ってもらうことが肝要です。

質問者: 返答済み 7 日 前.
21009;事責任は問えない、民事での損害賠償請求が妥当ということですね。
御丁寧にありがとうございました。
専門家:  kionawaka 返答済み 6 日 前.

お役に立てれば幸いです。また何かございましたら、お申しつけください。

刑事告訴・告発 についての関連する質問