JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1453
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

息子が起こした傷害事件の民事訴訟で、大変困っております。事件の発端は20

ユーザー評価:

お忙しいところ、申し訳ございません。
息子が起こした傷害事件の民事訴訟で、大変困っております。
事件の発端は2014年4月なのですが、息子の高校に他校の生徒3人が侵入し片っ端からメンチを切り威圧して闊歩していたようです。(生徒の目撃証言、先生の聞き取り調査等証拠資料は揃っております)
息子は最初無視していたのですが、目が合い絡まれたので、他校の敷地内への侵入を注意したところ肩をつかまれ学校前の公園の人目につかないところへ連れていかれ、その後ヘッドロックのような形で首を絞められ地面に押さえつけられたようです。
当初抵抗せずに我慢していたらしいのですが、このままでは危ないと判断し抵抗に転じたところ相手にけがをおわせてしまった(目撃証言多数あり)という、事件でした。
相手が病院に行き、一緒にいた親や親せきが、私たち親子及び息子の学校の校長や先生方に烈火ごとく罵声を浴びせ、警察まで呼びました。
警察はケガの度合いとと相手の嘘の証言(学校の前で友達を待っていたら、急に襲い掛かられ殴られた)から、一方的な暴力として加害者として扱われました。
その後も相手の親から金の請求や、嫌がらせなのか家まで黒塗のベンツできたりでキチガイじみた言動で脅しともとれることをされてきました。
これは話し合いはできないと思い、近所の弁護士に相談し窓口になってもらい裁判までもつれこみました。
しかし司法の判断では、正当防衛は勝ち取れませんでした。
それどころか、ケガをさせているからこちらが悪いようなことまで言われ、日本の法律は殺されるか金払うかとまでいわれました。(人が殺されるような少年事件が多発している中、正義だと思いやったことが、このような扱いを受けること自体納得のいかないことである)
結局、保護観察処分の判決が出されたが、こちらも反省すべき点もあると謙虚な気持ちから判決を真摯に受け止め上訴はしませんでした。(弁護士曰く、司法はこんなもんですよ。。。らしいです)
その後起こり得るであろう民事に対してどのような対応すればよいのか、弁護士に指示を仰いだのですが、「相手が請求してきてないので、こちらは動けないから請求があるまで待っているように」
とのことでした。
そして、3年もたった先日(2017年4月5日)担当弁護士から連絡があり、先方から約1300万円請求があったらしいのです。
当然弁護士として戦ってくれるものと思ってましたが、受け入れて終わらせたほうが良いと言われ、
唖然とするとともに、不信感でいっぱいです。(当初弁護士は、請求があったら到底受け入れられないと突っぱねると豪語しており、こちらも安心して任せてあったのですが。。。)
法外な慰謝料と担当弁護士の態度にどう対処すべきか路頭に迷っております。
逆にこちらから慰謝料請求したいくらいです。
どうか人の道として正しいお力添えをおねがいいたします。
*詳細をお伝えしなければ、ご判断しにくい点も多々あると思います。
当初から今までの経緯や資料、警察の取り調べ資料、裁判資料等すべて保管してあります。
必要であれば、いつでもご用意できますので、よろしくお願いいたします。
私たち素人にはいったいどこに相談すればよいのやら、検討もつきません。
助けて下さい。どうかよろしくお願いいたします。

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

事案的には正当防衛の事案なのですが,証拠がえられなかったということなのでしょうね。

訴訟の中では,事実関係がどうだったのか,まさにそこがポイントになります。

そして,その事実関係を証明する証拠があるか,ということになります。

刑事事件でこちらの言い分がとおっていないとなると,これは確かに厳しいところです。

この点は,今後の民事裁判でも,影響を受けてしまいます。刑事事件の記録を謄写,コピーをとって,裁判に提出することができます(全てコピーできるわけではありません)ので,そうすると刑事事件での取り調べ状況が民事事件でも影響してきます。

弁護士の態度も,どうしてそういうことになったのかが分かりかねますが,

少なくとも正当防衛の状況であったとすると,相手の請求を全て受け入れずとも,いくらかの減額などの余地もあるはずです。

どういう証拠があるのか,それを吟味してから判断しなければならないので,ここで簡単に回答できないところですが,

弁護士を変えると見方が変わることもあります。弁護士会の相談センターなどへの相談からになるかと思いますが,他の弁護士への相談をなんとかしていくのが得策だと思います。

残念ながら,このサイトで,弁護士の紹介などができませんので,探していただくことにはなってしまいますが。

khyh1709をはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問