ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 15753
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

こんにちは。 借りているマンションの上階の住人の騒音に困っています。

ユーザー評価:

こんにちは。 借りているマンションの上階の住人の騒音に困っています。 管理会社に連絡し、管理会社から上階住人に対応を求めたのですが改善されません。 この状況で退去する場合に、管理会社に対して何か請求、賃貸契約条件について譲歩を求めることは可能でしょうか。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 北海道です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 直接、クレームを伝える場合に留意点があれば教えていただきたいです

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合はお気になさらないでください)

賃貸人は、賃借人から賃料を徴収するにあたり、賃借人が平穏に生活できるような配慮や設備を整えることを求められ、これを怠った場合は賃借人に対しての契約不履行となります。

また、一般的に『騒音』とされるのかどうかについては、平成10年に交付された環境庁の告示第64号(平成24年3月改正告示54号)に具体的な基準値が定められており、それによると住宅地では昼間の騒音は55デシベル以下、夜間の騒音は45デシベル以下とされています。

住居における騒音に関しては、生活上ある程度は仕方ない位の音であれば双方譲り合い妥協すべきであると言われているのですが、ご質問のように日々悩まされてるような状態であれば、広く世間一般的な“受忍限度”を超えた騒音が出ている状況であると思量致します。

これを原因に退去するのであれば転居費用などの請求も可能かと思いますが、管理会社が素直に応じる可能性は低く、最悪、訴訟で争うような状況も危惧されます。

まずは書面にて再度、管理会社へ騒音の差し止めを行うよう要求なさってはいかがでしょうか。

また、それでも改善されない場合、下記は賃貸住宅でのトラブルの際に相談するところです。

もし管理会社及び大家が現状のまま納得の行く対応をしなかった場合、こちらにご相談してみてはいかがでしょうか。

賃貸人側に適切な指導をして貰えるやも知れません。

ご一考ください。

都道府県の、宅地建物取引業免許(知事免許)に関する窓口一覧(国土交通省)↓

https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bf_000019.html

日本賃貸住宅管理協会

https://www.jpm.jp/

不動産流通推進センター(不動産相談)↓

https://www.retpc.jp/archives/17641/#

質問者: 返答済み 12 日 前.
12354;りがとうございます。 直接、クレームを申し伝える場合に留意するべきことがあれば教えていただけないでしょうか。

ご返信、ありがとうございます。

個人的な見解ですが、直接の苦情は避けられた方が宜しいかと。

逆恨みされるのも迷惑ですし、そもそもが賃貸人側が対応すべき事案ですので。

ただどうしてもというのであれば、実際の被害を時間帯や回数などを出来るだけ正確に伝えることをお勧めします。

また、苦情を言った際の会話の内容を録音しておくのも宜しいかも知れません。

会話の録音に違法性はなく、相手方の承諾も必要としません。

スマホのボイスレコーダーアプリでも構いません。

ito-gyoseiをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

ご質問及びご評価、ありがとうございました。
また何かありましたらお声掛けください。
ご質問の新規投稿の際に回答者としてご指名を頂くか、質問タイトルに『ito-gyosei宛』とご記載頂けば、引き続き小職がご対応させて頂きます。
ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

消費者被害 についての関連する質問