ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 12946
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

お世話になります。 アシスタント: ご利用ありがとうございます。どういった事でお困りですか? 質問者様:

ユーザー評価:

お世話になります。
アシスタント: ご利用ありがとうございます。どういった事でお困りですか?
質問者様: 当方ECショップでトレーディングカードゲームの販売を行なっているのですが、購入者様から返金要求をされています。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 千葉県柏市
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: こちらが販売していたのは3000円のオリジナルパックという商品でこちらの査定額3000円以上を詰めたものを販売していました。しかし、購入者の方は3000以上ではない(傷あり)と言った理由でお怒りになり詐欺だとか訴訟だとSNSで騒ぎ立て挙句返金しなければ訴訟を起こすと言っておられます。 しかし、こちらは購入時に返金およびクレームは一切受け付けないと書いておりますが、景品表示法の違反だと言って騒ぎ立てています。 このような場合どうするのが適切かをご教示いただきたいです

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

まず、詐欺罪は、最初から騙す意図があったことを相手方が証明しなければならず、立件するのが極めて困難な犯罪のひとつと言われており、当該事案にはあたりません。

また、当該カードの傷なども契約不適合にあたる程度のものとは思えず、かつ、事前に一切の返金やクレームを受け付けない旨を通知、相手方も承諾しているのであれば、販売者に責任はないと思量します。

加えて相手方の「詐欺だとか訴訟だとSNSで騒ぎ立て挙句返金しなければ訴訟を起こすと言っておられます。」とのことですが、これはご相談者様に対する名誉棄損及び威力業務妨害に問われる可能性があります。
まず、誹謗中傷ですが、誹謗中傷とは単純に相手方に対する悪口や貶める発言のことを言い、それが違法行為と認められるには、名誉棄損にあたるかが問題となります。
刑法では、名誉毀損の成立要件は、以下のように定められています。
第一項:公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
第二項:死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。
上記の法律文をわかりやすく要約すると、以下の3つの要件を満たす場合に、名誉毀損が成立します。
・社会的評価を下げる可能性がある
・具体的な事実を挙げている
・公然の場である
つまりは、仮に事実を言ったのだとしても名誉棄損には該当しますし、広く世間一般に公表する意味合いを持って『公然』と言え、今の時代、ネットやSNSで拡散することは“当然に”公然に知らしめた行為と認められます。
またこの行為により通常の業務に支障をきたすことがあれば、これは会社の業務に対する威力業務妨害にあたる可能性もあります。
威力業務妨害罪とは、
「刑法233条
虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又は業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」
「刑法234条
威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。」
と定められております。
以上のように現状、相手方が行っている行為は、刑法に違反する犯罪行為として罰せられる可能性がると共に民事においても損害賠償を請求できる可能性もあります。

以上の法的根拠を以て、相手方に対して、返金要求に応じる意図はない、また、これ以上の名誉棄損行為を行わないよう通告なさってはいかがでしょうか。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。
景品表示法の観点からはいかがでしょうか?
こちらはこちらのレートと書いているのですが相手は一般レートと乖離していると言った旨を言ってこられていますが、正直こちら100円のカードを3000円で売っているわけでなく、幅プラスマイナス1000円ほどです。
これに特定景品表示法は適用されますでしょうか?
質問者: 返答済み 16 日 前.
12414;たこれに対し、詐欺や消費者センターへの駆け込みで負ける可能性はあるでしょうか?

こちらこそご返信、ありがとうございます。

金額設定に関しては市場価格より1桁多いなどの公序良俗に反するような金額でない限り、違法とはなりません。

また、個人間の売買であれば消費生活センターは関与しません。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。
度々質問申し訳ございません。
SNSでのDMなどの内容を相手方は公表し、ツイートしておりこちらとしては営業妨害なのですが相手方にこれを伝える場合こちらが脅迫とならないような文はあるのでしょうか?
質問者: 返答済み 16 日 前.
28155;付ファイル (G5T2V3Z)
質問者: 返答済み 16 日 前.
12371;ちらが相手方のSNS上およびDMのやり取りです

恐れ入ります、「安全にダウンロードすることができません」の表示で、貼付資料が開けません。

ですが、相手方の違法性を指摘することは脅迫罪には該当しません。

質問者: 返答済み 16 日 前.
28155;付ファイル (26QV41L)
質問者: 返答済み 16 日 前.
28155;付ファイル (P5G43PZ)
質問者: 返答済み 16 日 前.
28155;付ファイル (5G5LSQ1)
質問者: 返答済み 16 日 前.
12371;のような当店のイメージを著しく下げる文章を投稿しています。

拝見しました。

これは名誉棄損及び業務妨害へ該当する可能性があります。

一度、警察へご相談なさることをお勧めします。
警察には完全匿名で電話相談を受けてくれる専用ダイヤルがあります。
もし、いきなりお住いの地域の所轄警察署へ出向くのが気が重いのであれば、一度こちらへご相談なさってみてはいかがでしょうか。
某か、適切な対応や指示をしてくれるやも知れません。
安心材料のひとつとしてでも構いませんので、ぜひ、ご活用ください。

警察庁・匿名相談窓口『#9110』(政府広報オンライン)↓
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201309/3.html

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。
またこの件について進展および相談が出来ましたらご連絡いたします

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。
ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

消費者被害 についての関連する質問