ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 7193
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会の講師としても活躍。日々情報に耳を傾け知識を増やしながら、日頃の業務をこなす。
107885659
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

マンション不動産売買の件で、担当の方の説明義務違反で80万円の負債を負いました。取り消しか、減額が出来ないのであれば、説

ユーザー評価:

マンション不動産売買の件で、担当の方の説明義務違反で80万円の負債を負いました。取り消しか、減額が出来ないのであれば、説明義務違反で訴えたいのですが、どうしたらいいでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 新潟県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 1社と不動産売買契約書の売り主として署名した。しかし、買い主の名前の書かれた書類は届いていない。

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

尚、回答については順に対応していますので、少々お時間がかかることがありますが、ご了承ください。

担当の方の説明義務違反で80万円の負債を負ったということですが、その80万円はどのような形で請求が来ているのでしょうか。また、ご相談者様は、どのような立場の方でしょうか。説明義務違反をした担当の雇い主様でしょうか。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12510;ンションの売り主です。
AB社とダブル契約になりB社との契約破棄に80万かかると電話で言われました。

売主様ということであれば、説明義務を怠った者でも、説明義務を怠ったものを雇用している者でもないので、通常説明義務違反による損害賠償請求を負う者ではないといえますが、その請求は正式な書面(例えば弁護士名での内容証明等)で通知されてきたのでしょうか。

質問者: 返答済み 17 日 前.
A社と不動産売買契約書に売り主としてサインをしたとB社には伝えてあった。B社からは、買い主の名前の入った書類が届いていなければ、専属契約でないならば、成立していないだろうから大丈夫だ。是非、B社に頑張らせて欲しいと言われ不動産売買契約書にサインをした。
質問者: 返答済み 17 日 前.
12381;の後、B社で買い主が決まりそうだから、A社に渡した書類を全て返送するよう依頼して欲しいと言われ、A社に返送依頼した。戻ってきた、A社からの売買契約書には、既に買い主の名前が書かれた書類が届いた。B社に売買契約書に売り主としてサインしたことは話してあったのだから、B社との契約書を交わす前にA社からの書類を取り寄せるよう依頼してもらえば、2重契約にならずに済んだと思われる。そこの確認をして欲しいとも言われなかった為、知識のない私は急かされながら、契約書にサインしてしまった。
B社の担当者は、上司任せにし、メールも電話も一切でない。B社の上司からB社との契約解除に80万かかると電話が来た。信頼関係のあった担当者が謝りもしない、確認と説明義務を怠った為に解約金80万が発生したとのことで担当者訴えたいが訴えることは出きるのか?無効、減額にはなるのか?訴えた場合、お金を相手から取れるのかお聞きしたい。

貴方がA社と専属契約をしているのにもかかわらず、B社とも契約をしたことによっての損害賠償請求をされているということでしょうか。

説明義務違反ということにはならず、契約違反となる件であるといえますが、そもそも貴方はA社と不動産売買契約書に売り主としてサインをしたとB社には伝えた後に、B社から、買い主の名前の入った書類が届いていなければ、専属契約でないならば、成立していないだろうから大丈夫だ、といわれB社との不動産売買契約書にサインをしたという流れですよね。貴方が故意的に契約違反をしたといえず、B社には解釈ミスがあったともみられますし、依頼主である貴方が過失責任を負うようなことではないといえます。B社に金銭の支払い義務はないと主張していいといえますので、今回の件では、支払いを拒否するという方向でB社との直接交渉が難航するようであれば、調停を申し立てるのがいいかと存じます。調停とは、裁判所において、調停委員会が紛争の当事者を仲介し、紛争当事者間の話合いにより紛争を解決しようとする紛争解決制度です。当事者双方の話し合いによる合意に基づいて紛争の解決を図る手続であり、調停委員会が第三者として当事者双方の言い分を聞いて、調停案を提案してくれます。

質問者: 返答済み 17 日 前.
19978;記のご返答の通りです。
ありがとうございました。

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

こちらのサイトは一問一答制になっておりますので、今回のご質問が一旦完了であれば、お客様の方でも完了させるため、最後に星マークにて完了評価をお願いします。

Loweをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
23436;了です☆
質問者: 返答済み 17 日 前.
9734;☆☆☆☆

ありがとうございました。

消費者被害 についての関連する質問