ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 10443
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

宝石の出張買取で契約書締結後に業者から査定ミスがあったので、振り込んだ金額を返金してほしいと依頼され、口頭で了承してしま

ユーザー評価:

宝石の出張買取で契約書締結後に業者から査定ミスがあったので、振り込んだ金額を返金してほしいと依頼され、口頭で了承してしまったのですが、後々、考えると返金したくないと申し出たのですが、返金しなければいけないのでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 千葉県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 先方は、自宅に来て複写の契約書に減額後の金額を記述の上、最初の金額に二重線を引いたので訂正印がなくても有効だと言っています。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

契約自体は口頭でも成立しますが、二重線のみで訂正印がなく、ましてやご相談者様が承諾した旨の署名や捺印がなければ、相手方としてはご相談者様が承諾したことを証明できません。

また、専門家が時間を掛けて鑑定してであろうに、なぜ後になって減額となるのか、その根拠を明確に示す責任が相手方にはあり、それが成されない限りは返金する義務はないと思量します。

その旨を主張、それでも相手方が応じない場合、消費者被害としてお住いの地域の『消費生活センター』へご相談なさることをお勧めします。

消費生活センターでは様々な消費者トラブルに加え、場合によっては直接、職員が相手方業者と交渉も行ってくれます。
局番なしの『188』です。

消費生活センター↓
http://www.kokusen.go.jp/map/

宅配買い取りサービスのトラブルが増加しています! (kokusen.go.jp)

質問者: 返答済み 15 日 前.
26089;速のご回答、ありがとうございます。先方は、返金に応じなければ、警察に届け出ると言っていますが、警察沙汰になるのでしょうか?
宜しくご教示お願い致します。

こちらこそご返信、ありがとうございます。

これはあくまでも民事の話であり、警察は関与しません。

ただ、それでもご心配であれば、ご自身で警察へ相談しても宜しいかと。

警察には完全匿名で電話相談を受けてくれる専用ダイヤルがあります。
もし、いきなりお住いの地域の所轄警察署へ出向くのが気が重いのであれば、一度こちらへご相談なさってみてはいかがでしょうか。
某か、適切な対応や指示をしてくれるやも知れません。
安心材料のひとつとしてでも構いませんので、ぜひ、ご活用ください。

警察庁・匿名相談窓口『#9110』(政府広報オンライン)↓
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201309/3.html

質問者: 返答済み 15 日 前.
12372;教示ありがとうございます。少し安心しました。
ありがとうございました。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

今回のご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン☆マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

質問者: 返答済み 15 日 前.
36861;加の質問で恐縮ですが、減額時に口頭で業者から説明はあったようです。また、それらのやり取りを録音してあるそうです。
それでも減額を承諾したことには法律上ならないのでしょうか?
繰り返しになりますが、金額訂正部分に捺印はしていません。また、書面で承諾した署名もしていないそうです。
宜しく、ご教示いただきますようお願い致します。

最初の鑑定と後の評価が変わった明確な理由と根拠を示す義務は相手方にあり、それを示されなければ応じる義務はないと思量します。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

ご質問及びご評価、ありがとうございました。
問題の早期解決、心からお祈り申し上げます。

消費者被害 についての関連する質問