ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 4660
経験:  法律 民事、刑事、契約、会社設立など 何か分からなことがありましたらお気軽にご相談ください。よろしくお願いします。
104549551
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

国際ロマンス詐欺と呼ばれる詐欺にあってしまいました。 アシスタント:

ユーザー評価:

国際ロマンス詐欺と呼ばれる詐欺にあってしまいました。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 他の弁護士事務所などで何件か断られてしまっています。それでも大丈夫でしょうか。また被害により手持ちがあまりありません。

お世話になります。

最近は、会員制交流サイト(SNS)上などで知り合った海外の相手に恋愛感情を抱かせ、金銭をだまし取る国際ロマンス詐欺が増えています。
国際ロマンス詐欺は恋愛感情を利用してお金を騙し取る悪質な犯罪ですが、犯人が外国在住の場合、返金させるのは難しいことがあります。
しかしそのような状況でも、取っておきたい行動があります。

①まずは警察に被害を相談する
「相手の依頼で送金したが、実は詐欺だった」と気づいたら、まずは最寄りの警察署に被害届を提出してください。
外国在住の人による犯罪の場合、日本の警察では対処のしようがありませんが、中には日本在住の外国人や日本人が外国在住を装って詐欺を行っているケースがあり、その場合は逮捕してもらうことが可能です。

ネット犯罪の場合は、以下のサイバー犯罪相談窓口へ連絡するとスムーズです。
http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

②被害者どうしで情報を共有する
自分ひとりの被害だと警察が動きにくいかもしれませんが、似たような被害が続出している事実や有用な情報があれば、捜査してくれる可能性が高まるかもしれません。
インターネットで犯人の名前や手口の特徴などを発信してみてください。
情報共有を行えば、被害の拡大を防ぐこともできます。
情報が集まれば、その中から犯人を特定できる内容が見つかる可能性があります。

質問者: 返答済み 10 日 前.
35686;察に相談し、振込んだ銀行の口座凍結を行って頂きました。 返金できる可能性はほぼないと言われました。この場合は弁護士や司法書士に相談しても変わらないでしょうか。

返信ありがとうございます。

上記にもありますが、相手が海外にいる場合は難しい面もあります。

ただ中には、国際・外国人問題に強い弁護士もいますので、その方を中心に相談してみるのもひとつの方法です。

saitoをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問