ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 9066
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

アメリカの業者でも訴えて回収できる可能性がありますか?弁護士費用は高額ですか?

ユーザー評価:

アメリカの業者でも訴えて回収できる可能性がありますか?弁護士費用は高額ですか?
全財産持っていかれたので司法書士さんに依頼した方が良いと言われたり、弁護士さんに手が出せない、とも言われてしまいました。
まずは、越境相談所ですか?

ご質問、ありがとうございます。

まずは越境消費センターへのご相談が優先かと。

また、弁護士をお探しであれば、「投資詐欺・国際弁護士」などのワードで検索すれば、お住いの地域でこのような案件を得意となさっている弁護士の事務所や先生のホームページが表示されるかと。

その中から信頼できそう、実績がありそうなところへ、まずはメールや電話で、料金面も含めて問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

(大変申し訳ありません、当サイトは質問サイトであり、直接の案件受任及び専門家の紹介を行っておりません。悪しからずご了承ください。)

現在、弁護士を含めた士業は自由価格であり、弁護士費用は依頼する事務所や先生により変わります。

着手金も成功報酬も、依頼人がいくら請求するか、最終的にいくら経済的利益を受けたかにより変わります。

下記の(旧)日弁連報酬基準を基に金額を設定なさっている先生も多いため、ひとつの目安としてご覧になって頂ければと存じます。

(旧)日弁連報酬基準↓

https://senbayashi-lf.com/cms/wp-content/uploads/2019/02/pdf001.pdf

ito-gyoseiをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問