ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 9613
経験:  平成14年に行政書士登録。夫婦・男女問題、離婚など法務手続を専門。また遺言作成・相続手続・成年後見制度にも精通。
61894004
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ネットで買った商品で、全く違う商品が届いたのですが、日にちが経っているということで、全く取り合おうとしません。

ユーザー評価:

ネットで買った商品で、全く違う商品が届いたのですが、日にちが経っているということで、全く取り合おうとしません。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 大阪府です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: バイクの部品で、箱の外に書いてある商品名と、中身が全く違うもので、車体に取り付けようとして初めてわかるものです。素人には、中身が外観でわかりません。箱の中身は合っているものとして、保管し、購入後たいぶん経ってから発覚しました。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは、大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。

まず、ネット通販の場合は、クーリングオフがありません。

もちろん、特約で付けることも可能です。

また、どの程度の期間が過ぎているかが、ご不明ですが、箱の中身が異なるのであれば、債務不履行による契約の解除及び損害賠償請求はあり得ます。

相手が、個人では、なく、業者であれば、消費者被害として、消費生活センターにご相談されると担当者が代理交渉してくれる場合もございます。

その上で、内容証明で契約の解除と返金を求めても良いでしょう。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、相手に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。

応じない場合は、民事調停を申し立てます。

被害額にもよりますが、内容証明は、ご自身で出せば、配達証明をつけても、2千円程度です。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 1 月 前.
26152;年12月に購入し、その後オプション追加もしました。受注生産だとかで、2月末くらいに全部が届いたと思います。
オプションも含め、全部型番違いの全く別物でした。
質問者: 返答済み 1 月 前.
26989;者は時効だといいいますが、外観素人でわからず、箱の中身の確認方法は実際取付しなければわからないものです。
契約の解除、返金はできますか?

今年、2月について、時効と言うのも、問題と思いますが、当然、先方の扱う商品が代わりに入っていれば、債務不履行の証拠となると思いますので、まずは、消費生活センターにご相談されると良いでしょう。

supertontonをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
28040;費者生活センターに連絡いたしました。市内専用(東大阪市)での問い合わせで、今回のケースはこちらの都合による解約を申し込んでいるのではなく、業者の間違いによるケースなので無効はおかしいと回答されました。ネットのケースは規約があるため、東京の専門の消費者生活センターへ問い合わせてくれと言われ、相談すると次の回答をされました。規約には返品期間が1週間と明記されており、それを承知で購入したと解釈し、業者の間違いであっても1週間を超えれば、無効ということになると。泣き寝入りしかないでしょうとまで言われました。法律はこちらには何も落ち度のないそんな契約不履行をネット規約の方で守られるんでしょうか?

お返事ありがとうございます。一つ、確認しないといけないのは、ご相談者様が、一般の消費者であって、バイクの修理業者とかでは無いと言う事ですね。仮に、業者なら、業者は、対等なので、到着してすぐに確認して無ければ、ご相談者様に過失があるとも言えます。そうではなく、あくまで、一般の消費者であれば、異なる商品を送っておいて、泣き寝入りは無いでしょう。少なくとも、正しいものとの交換はあり得るでしょう。内容証明で解約ではなく、交換等を要求されてみると良いでしょう。

消費者被害 についての関連する質問