ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 3157
経験:  dasdasd
84237273
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

前回のアドバイスで警察署に連絡をしましたが、詐欺として立証できる資料はありますかと言われました。

ユーザー評価:

前回のアドバイスで警察署に連絡をしましたが、詐欺として立証できる資料はありますかと言われました。
立証するものは日本国内の個人に送金した明細書と相手のラインぐらいですがその中には詐欺と立証できる内容は無いです。
その資料でも警察署に届ければ被害を受理してもらえるのでしょうか。

弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

以前の御質問には他の専門家が回答していたのではないかと思いますが、よろしければ当職から回答させていただきます。

詐欺の立証の資料、ということですが、ご指摘の内容の明細書、ラインのやりとりも重要な証拠になります。

ただ、ラインは、それだけでは相手個人の特定にはつながりにくいことから、それだけだと難しい、ということを言われるのではないでしょうか。

その証拠をもとに、個人に送金した明細から、その「個人」というのがどこまで本件と関係があるのか、

(おそらくはその個人口座は詐欺をしている本人名義の口座ではないのではないか、と思います。他人名義の口座を悪用しているのではないかと)

そのあたりの捜査の状況次第で、詐欺として事件が立件できるかどうかが決まっていくでしょう。

被害届けは、いったん保留のような形になって、

警察がそこまで捜査をやってから被害届けを正式に受理、という形になるのではないかと思います。

khyh1709をはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問