ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 1416
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

コロナが世間的に流行る昨年の二月ごろ契約したパーティー会場のキャンセル代を高額請求されています。契約書上では100%と記

ユーザー評価:

コロナが世間的に流行る昨年の二月ごろ契約したパーティー会場のキャンセル代を高額請求されています。契約書上では100%と記載があったのですが、やはり全額支払う必要があるでしょうか。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: コロナウイルスのためにやむを得なくなのですが延期した日程も、重複して契約されたことになっています。

ご質問ありがとうございます。

契約書の中で、今回の事例に当てはまるような事情についてキャンセル料を減免します、という条項があれば、それに従って減額や免除をうけることができますが、そのような規定がないのであれば、(事業者側が気を使っていりませんよと言ってくれない限りは)発生します。

延期した期日を申し込むことで、当初日程のキャンセル料を減額や免除してもらうような交渉は考えられたかと思いますが、終わった後では残念ながら難しいですね。

質問者: 返答済み 16 日 前.
22865;約時の私は未成年でしたが、年上の方との会場の契約だったので、お酒の提供アリとの契約書を結びました。この場合、完全に私が悪いですが、相手側からはなにも勧告ありませんでした。今となっては反省しています。
また、契約書に関するやりとりについてはSMSでは履歴に残ってしまうからめんどくさいと、電話での対応しか受け付けてくれませんでした。
私も学生で弱い身分なので怖くなってしまい質問させていただきましたが、やはりどうにもならないですか。総額140万なのですが。

未成年ということであれば、ご質問者さんが成年を偽っていない限り、未成年者取消を適用できる可能性があります。140万円の契約とということであれば、それなりの参加人数での申込かと思いますので、お酒有で契約されたとしても、それがただちにご質問者様が成年と偽ったことにはならないでしょう。

質問者: 返答済み 16 日 前.
20605;りなく、契約書にサインしましたし、契約書の更新と言われ、契約書の原本が手元に郵送されてきました。今後の移行についてはどのようにやったらよろしいでしょうか。未熟ですみません。

【契約書の更新】という表現ですと微妙なところですね。初回の申込について契約の変更を認めたように解釈できる可能性もありそうです。初回の申込と、その後に実際に利用された内容については、ほぼ同規模・同内容のものだったのでしょうか?

質問者: 返答済み 16 日 前.
12522;スケジュールの手配ということでお願いし、日程はずらしてもらいました。しかしコロナの状況的にできない開催が難しい状態にあります。契約内容に関しては同規模、同内容です。
質問者: 返答済み 16 日 前.
12414;た日程のずれたものに関しては仮契約段階で私はまだサインしていません。

ありがとうございます。それであれば、原則としてキャンセル料は発生するものの、交渉の余地もありそうですね。ご質問者様は、現在もまだ、未成年でしょうか?

質問者: 返答済み 16 日 前.
29694;在は成人してしまっています。

成人された後の対応の仕方によっては、未成年の頃の契約を追認したととらえられる可能性がありますが、なにか成人された後に、相手方の説明について承諾をされたようなことはありましたでしょうか?

ご質問者様の場合、未成年者取消との関係では非常に微妙なところがあります。

また、それとは別に、変更についての契約書が送られてきた流れによっては、キャンセル料なしでの延期を認めたと解する余地もあるかもしれません。

できれば、ご本人様で動かれるよりは、専門家に間に貼っていただくのが望ましいでしょう。

(当サイトはあくまでも質問サイトですので、情報提供に留まります)

今後の対応の提案としては

・消費者センター経由で未成年者取消前提に置きながら、交渉をお願いする。

・法テラス経由で弁護士を依頼する。(相談は無料です。また、業務依頼の場合の費用の貸付を受けられるほか、費用も法テラスのルールで決まっているため、直接依頼される場合よりも安くなる可能性があります。)

未成年者取消ができればキャンセル料は発生しませんし、それが難しい場合でも、単にキャンセルをして終わらせるのではなく、実施自体はしたいとお考えであれば、次回の実施を前提にキャンセル料を免除や減額してもらうという方法や、キャンセル料はいったん支払うものの、次回の利用料に充填してもらうなど、交渉の余地は考えられるでしょう。

かながわ中央消費生活センター

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/r7b/cnt/f100356/

各市町村の消費生活センター

http://www.kokusen.go.jp/map/ncac_map14.html

法テラス

https://www.houterasu.or.jp/

消費生活センターでは、単に相談に応じるだけではなく、事案にもよりますが、相手方事業者との交渉もある程度対応してもらえる場合があります。

houmuをはじめその他2 名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございました‍♂️

消費者被害 についての関連する質問