ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 8751
経験:  平成14年行政書士登録 中央大学卒業
61894004
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

すみません。適切なカテゴリが発見できず。 Twitterで弁護士から脅しとも取れそうなツイートをもらいました。

ユーザー評価:

すみません。適切なカテゴリが発見できず。Twitterで弁護士から脅しとも取れそうなツイートをもらいました。https://twitter.com/wuINfD3UtKTaNZH/status/*****************49?s=19この依頼人とされる人から私はかなり罵倒されてまして、魚拓もあります。1、このような弁護士からのツイートは問題にはならないのですか?ちなみに、私には通知が来なくて、人から教えてもらったほどです。因みに、この弁護士はN国党の立花氏と組んで訴訟を繰り返している人です。2、このような削除要請ツイートやメールなどを弁護士さんから送って頂くような依頼はできますか?
そのような弁護士さんを見つけるのは、難しいのですが、コツはありますか?3、こちらができること、やるべきことはありますか?とりあえず、アカウントに鍵をかけ、フォローワーしか見られない状態にしてあります。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。

まず、Twitterで通知が来ると言うことは、ご相談者様の個人情報が、相手に知られて無いと言う証拠でしょう。

そうなると、どのような内容かが、ご不明ですが、名誉毀損罪や業務妨害罪となっても、Twitter社が、任意開示をしなければ、裁判をするしか、個人情報を開示できません。

今後、誹謗中傷には、開示しやすくなると思いますが、現状は、難しいと言えます。

とりあえず、謝罪して公開情報には、していないと告げて、示談をするしか無いかもしれません。

もちろん、ネットなどに強い弁護士の先生にご依頼して代理交渉する手もございます。

ネットトラブルに強い弁護士の先生を検索されると良いでしょう。

supertontonをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問